ミニフライス盤 初歩の初歩

さあ、フライス盤を購入しよう!
(まず、買うこと自体は決めちゃいましょう。ここで悩まれると先が続かない・・・!)

 

ここ数年で「家庭内フライス盤」を装備する人が増えたせいか、ずいぶん情報は増えてきました。私がフライス盤を購入した当時は「ド素人流旋盤の作り方」をはじめとした先輩諸氏のサイトと、我々のバイブル「ミニ旋盤の使い方」しか情報がなく、専門書は本職さん向けで私のような素人・アマチュア加工マニアが参考にできる情報は限られていたものでした。

 

そして今・・・

 

情報は増えてきました。また、機材の入手ルートもずいぶん増えてきました。でも、本当のユーザー視点のデータはまだまだ足りないかなあ、と思う次第。

 

それでは行ってみましょう、「自作野郎ぜっ!」流、フライス盤の初歩の初歩!

 

350mmフライス盤/旋盤 (3/4馬力モーター)




350mm卓上旋盤(カバー/トレー付き)


立形マシニングセンタ V33i (1/20スケールプラスチックモデル組み立てキット)


お勧めの参考書はこちら

趣味のミニフライス盤 始める前の初歩の初歩!記事一覧

フライス盤。このコンテンツを覗きにいらっしゃる方であれば、工作が好きかもしくは興味があるってことですよね。金属加工はなかなか手が出しにくく、大抵は・弓ノコ・組みやすり・ハンドドリルから始まって、ちょっと病が深くなると(笑)、・ボール盤・万力・ディスクグラインダあたりがそろい始めます。ここまで来るともう止まりません。・ベルトサンダー・バンドソーなど、だんだん機械が増えてきて最後に手を出すのが・旋盤・...

筆者があれだけ「フライス盤 初歩の初歩」で脅しを掛けたにも関わらず(笑)、このページを開くということは覚悟を決めたということでよろしいですね?!よろしい。ならば購入だ。このページではいわゆる「業務用」「本職用」のフライス盤を購入「しない」方を対象にしてます。業務用フライス盤は200V電源当たり前ですし、一番小さいといわれる0番フライスでも必要床スペース:奥行1m、幅2m重量:650kgなんてものば...

関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品