趣味のCAD 覚えておきたい基礎知識

【スポンサード リンク】

CNCへの第一歩、CAD。

CAD(computer aided design)。

 

言葉としては「コンピュータ支援設計」を意味しており、つまりはコンピュータを使用して設計を行うことを指します。

 

工作をするうえで必須、ということではありませんが、マウス一つで正確な図形を書くことができたり、同じ図形を複製・拡大縮小できることから、普通の工作愛好家でも最近は利用されている方が非常に多いと思います。

 

基本的には

 

  • 点を打つ
  • 線を引く
  • 円を書く

 

が主要機能であり、これらを駆使して思い思いの図面を引くことができます。

 

特に、CNCをやるうえではこの

 

  • 設計段階

 

から描画を数値化しておく必要があり、つまりはCADなしにCNC加工はできない、と断言してよいとおもいます。

 

まあ、簡単な切削ならいきなりプログラム(Gコード)を書いていきなりCNCで削る場合もままあるのですが。


CADあれこれ

CAD。

 

基本的にはプログラムを指す言葉です。コンピューターを使ってお絵かきをすることに違いはありませんが、ざっと分けて

 

  • 2DCAD
  • 3DCAD

 

の二つに分けることができます。そしてそれぞれに、有償/無償が存在すると考えてください。

 

もちろん、本来の分類から言えば

 

  • 建築用CAD
  • 建築設備用CAD
  • 土木用CAD
  • 電気用CAD

 

等々があるわけですがこのサイトは「自作野郎のためのサイト」ですので、そのあたりは思いっきり割愛致します(ウィキペディアでも見てください)。

 

あくまでも「自作野郎がCNCをDIYでやるため」という視点での情報となります、ご留意くださいませ。

 

2DCAD(平面CAD) 3DCAD(立体CAD)
主な用途 最終的に板状の部品を作るために使用する 最終的に銅像のような立体部品作るために使用するを
代表的な製品名(有償)
代表的な製品名(無償)
使用例 ロボットの部品、バイクの部品、機械部品一般等 フィギュアの製作、リトフェイン等

 

CADという名称は同じですが、まったく違う用途で使用します。筆者の独断で言えば、2DCADと3DCADで「使い方的にかぶっているところはありません」。

 

ややこしいのは「2DCAD」という名称であるわりにきっちりと立体物を加工できるということです。2DCADって2Dなんだから紙とかみたいにペラペラなものしか設計できないんじゃないの?10mmとか厚みのある板材の部品を設計するときに2DCADは使えるの?という疑問を持たれるかもしれませんが(私だけ?)、大丈夫、2DCADで厚みのある板材を設計できますし、CNCで削るときも2DCADで書いた図面を使用することができます。

 

ちなみに、平面で構成された立体で、上から見下ろしたときにそのすべての上面が見える形状は「2.5次元」と呼ばれます。機械部品は大抵この2.5次元で表現することができ、そしてその設計は2DCADで十分なのです。

 

 

この貼られた立体図が、「2.5次元」の事例です。ね、なんとなくわかるでしょ。

 

つまり、「これからCNCにチャレンジしようぜっ!」と思う方が覚えるべきは2DCADであり、ここでは2DCADに絞って話を続けます。

 

また、2DCADに限っていえば恐ろしいことに無償CADであっても基本的な描画機能はほぼ完璧に装備されており、またその使い勝手においても全く問題はありません。唯一違うとしたらサポートの有無ですが、我々が趣味のCNCのためにパカパカ図面を引く程度であれば、サポートを受けたくなるようなことはほとんどありません。

 

まとめると

 

CADはコンピューター上で正確な図面を引くためのツールである
機械部品を作りたいなら、2DCADでOK
趣味のCNCを楽しむなら、無償CADでOK

 

という感じでしょうか。



CADを入手する前に

無償のCADを入手するつもりであれば、旋盤やフライス盤を買う前のようないわゆる「心構え」は不要です。

 

タダですし!

 

気にする必要があるとしたら、CADそのものはタダだとしてもそのCADを使って苦労する貴方の「手間」は貴重なものです。

 

ですから、

 

  • できるだけ事例の多いCADを使用する
  • 質問できる方がいるCADを使用する

 

といったところを気にして頂ければ、あとはそれほど気負わずにCADを入手・インストールされてよいと思います。

【スポンサード リンク】




【スポンサード リンク】


よく読まれています!


趣味のCAD 覚えておきたい基礎知識 関連記事はこちら

趣味のCAD 覚えておきたい基礎知識

CAD(computer aided design)。言葉としては「コンピュータ支援設計」を意味しており、つまりはコンピュータを使用して設計を行うことを指します。工作をするうえで必須、ということではありませんが、マウス一つで正確な図形を書くことができたり、同じ図形を複製・拡大縮小できることから、普通...

≫続きを読む

趣味のCAD ダウンロード方法

ここでは、筆者が独断と偏見で最もおすすめしている、鍋テック 鍋CAD フリー版のダウンロード方法をご紹介しましょう。2DCADであれば何を使用して頂いてもよいのですが、最低限ここはクリアしてほしい条件としてDXFファイル形式でデータを読み込むことができる。DXFファイル形式でデータを出力できる。レイ...

≫続きを読む

趣味のCAD インストール方法

ここでは、筆者が独断と偏見で最もおすすめしている、鍋テック 鍋CAD フリー版のインストール方法をご紹介しましょう。なんで使い方の前に「ダウンロード」「インストール」をここまで詳しく解説するの、というお話もございますが、誰もがパソコンに慣れている、っていうわけではないのですね。パソコンに慣れていれば...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP