残念ながら、ご紹介できる無償CAMは見つけられず・・・

ここでは、筆者が独断と偏見で最もおすすめしている、

 

Cut2D

 

の入手方法をご紹介しましょう。

 

本当は無償の2DCAMのダウンロード方法やインストール方法をご紹介したかったのですが、どーにも筆者の目から見てお勧めできる無償2DCAMを見つけることができなかったのでした。いくつかダウンロードして試してみたのですが・・・

 

2DCAMの最低限ここはクリアしてほしい条件は

 

  • DXFファイル形式で図形データを読み込むことができる。
  • ポケット加工、島加工等の標準的なツールパスを生成できる。
  • Gコードが出力ができる

 

くらい、この条件は今時のどの2DCAMでもクリアしています。

 

ただこれらは最低限、レベルでして、筆者的には

 

  • 生成したツールパスの切削シミュレーションができる
  • 生成したツールパスの切削順序を入れ替えることができる
  • 部品が落ちないようにタブを生成できる

 

くらいはないと、生産性が悪くてどうにもなりません。

 

趣味の話をしてるのに生産性なんて、優先順位低いんじゃないの?と思われるかもしれませんがこのCAM工程も意外と(?)クリエイティブな工程なのです。なにぶん限られた頭ですから思考能力は美しい形状に削るための試行錯誤に費やしたいわけです。使いやすさ、チェックのしやすさはやはり捨てがたいものがあります。

 

ということで、Cut2Dを入手するために、オリジナルマインドさんのサイトで購入手続きを行って頂ければと存じます。

 

こちらへどうぞ


取りあえずトライアル版を入れてみましょうか。

筆者が大お勧めする2DCAM、「Cut2D」は残念ながら(?)有償CADです。

 

が、製造元の「Vectric」では、その「Cut2D」のトライアル版をダウンロード、入手することができます。

 

ただこのトライアル版、

 

  • DXFファイルの取り込み
  • 切削パスの検討と生成
  • 切削シミュレーション

 

はできるものの、肝心の

 

  • Gコードの出力

 

はできません。

 

ですから、このトライアル版でトライアルできるのは「Cut2D」の操作のみで、その後のCNC操作、つまり実際の切削はできません。まあ、「Cut2D」トライアルなのだから当たり前かもしれませんが。

 

逆に言えば、Gコード出力以外の機能はフルで使用できる・・・ようです。そして期限もないらしいですね。

 

では、「Vectric」のサイトにアクセスします。

 

 

画面上部の「Downloads」をクリックし、プルダウンされたタブから「Trial Software」を選択します。


Cut2Dトライアル版を選択、ダウンロード

トライアル版のモジュールダウンロード画面が表示されます。

 

 

画面中央の「Cut2D」の下、「Download free traial(52MB,.EXE)」をクリックします。


ダウンロードを実行

メールアドレスの入力を促すダイアログが表示されます。が。

 

 

画面上部の「Download trial without subscribing」をクリックすれば、メールアドレスを登録せずにトライアル版モジュールをダウンロードすることができます。


ダウンロード中・・・

画面が切り替わり、ダウンロードが実行されます。

 

 

お好みのフォルダを指定して、ダウンロードを実行します。

 

「Cut2DTrialEditionV15_Setup.exe」が選択したフォルダにダウンロードできていれば、成功です!


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品