趣味のミニフライス盤 応用的な使い方

さあ、応用編です!

 

フライス盤を使ってみると、「意外と綺麗に削ることが難しい・・・」ことに気付かれると思います。

 

旋盤(も、もちろん難しいのですが)と比較してフライス盤はいろいろな切削条件が複雑に絡み合いますから、ビシッと美しく仕上げるのは至難の技です。

 

どうしても試行錯誤が絡んでしまう、そんなことに時間を掛けて頂きたくはないため、拙いものではありますが筆者のノウハウをさらけ出させて頂こうと考えております!

 

このページは、すべて事例込でのご紹介となります。他の記事と一部重複致しますが、その点はご容赦頂けますようよろしくお願いいたします。

 

ではでは。


お勧めの参考書はこちら

趣味のミニフライス盤 応用的な使い方記事一覧

薄い板材を削るときであればまだしも、やはり厚みのある板材を切り出すときに気になるのが「側刃の切れ味」です。CNCフライスを使用する際、1回あたりの掘り込みは0.5mm程度です。これを何度も何度も繰り返して削りますから、フライス盤の剛性が弱ければ0.5mmの地層が重なったような見栄えになることもありますし、また側刃が巻き上げた切粉でガタガタの面になってしまうことも多々あります。こんな時、0.1mm程...

関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品