では、インストールします・・・。

 

ここでは、筆者が「これからCNCを始める方」にお勧めしたい、

 

Mach3

 

のインストール方法をご紹介しましょう。ちなみに「マッハ3」ではなく「マック3」だと思うんですよね・・・速度単位のMachも正しくはマック、ですし。それはさておき。

 

以前も別項で書きましたが、なんで使い方の前に「ダウンロード」「インストール」をここまで詳しく解説するの、について。誰もがパソコンに慣れている、っていうわけではないわけです、パソコンに慣れていれば当たり前のインストール動作についても、

 

  • 当たり前だからこそどこにも書いてない

 

のかネットの常ですのでやりすぎってくらい、丁寧に(?)書いておきますね。

 

では、先ほどダウンロードした

 

Mach3Version3.xxx.xxx.exe

 

すなわちインストールモジュールをダブルクリックしましょう。xxxの部分は、ダウンロードしたタイミングで多少変化します。



インストール開始。

 

インストールモジュールをダブルクリックすると、使用しているアカウントによっては「ユーザーアカウント制御」のダイアログが表示されます。

 

これはWindowsに対しソフトウエアのインストールや設定の変更が実行されちゃうけどいいよね?意図しないインストールや設定変更をされそうになってるわけじゃないよね?という、マイクロソフトさんからの確認事項となります。

 

今回は意図してMach3をインストールしようとしているわけですから、もちろん「はい」をクリックします。

 

よく、この手の画面をさらっと「はい」をクリックします、と流している解説をよく見かけますが・・・

 

それは危険です。この「ユーザーアカウントの制御」画面をノータイムで「はい」としてしまう癖をつけてしまうと危険です。なんでこの画面がでたのか、それは意図したものなのかを必ず熟考する癖をつけてくださいね。

 

メールの添付ファイルを開いたら突然これが表示された、みたいなことがあったらそれはデンジャラスです。「意図しないなにか」がインストールされようとしてるってわけ。そういう時はもちろん、「いいえ」をクリックしてくださいね。



セットアップウィザードの開始

 

インストールを開始するよ~というメッセージが表示されますので、「Next」をクリック。



使用許諾契約書への同意

 

使用許諾契約書が表示されます。熟読しましょう。英語ですが・・・

 

内容を理解したら「I agree to ・・・」にチェックをつけ、「Next」をクリックします。



インストール先の指定

 

「Mach3」をインストールするフォルダを指定します。

 

通常、変更する必要はありません。このまま「Next」をクリックします。



コンポーネントの選択

 

インストールするコンポーネントを選択します。

 

通常、変更する必要はありません。このまま「次へ」をクリックします。

 

 

各種プロファイルを作成する箇所を指定しますが、まあコレもこのままデフォルト状態で「Next」をクリック。


インストール準備の完了です。

 

これでインストールの準備が完了しました。引き続き「Next」を。

 

 

ドライバーのインストール画面が表示されます。はい、「Next」をクリック。すると・・・

 

 

こんな怪しげな画面が表示されることがあります。これはいったいなんでしょう?

 

Mach3の発売元である「ArtSoft」が公的なデジタル署名を付与していないから、と思われます。つまりMach3はマイクロソフトから見て「信用できるドライバの提供元」と認識されてない、ってことなんですね。

 

とはいえ、ここはこのドライバを導入しないと進みませんから、「自己責任」で導入を続けます。

 

こういう画面を反射的に「はい」と選択しない癖だけは、必ず付けてくださいね。


インストール完了です!

 

インストール完了!の画面が表示されたら、インストールは無事完了です。

 

ここで「Finish」をクリックすると、PCの再起動が始まります。うーん、唐突ですね。大人しく再起動を待って・・・


メニューができていたら、無事インストールは完了です!

 

再起動が完了したら「Mach3」のインストールは完了です。

 

スタートメニューに、「Mach3」ができていて、その中に「Mach3 Loder」というメニューができているはずです。

 

お疲れさまでした!


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品