延長ケーブル。

さて懸念事項であったメーターケーブルの件ですが。実はロウ付けを駆使してケーブルを延長しようと思ってたんですね。そしたらこんなもん売ってるの見つけてしまいました・・・その名も「延長メーターケーブル」。なーんだこれで問題解決じゃん・・・。

 

これを2本とXLR250R用のメーターケーブル(NSRと同形状で10cm長い)を組み合わせます。



タップ加工。

完成したベースプレートにメーターギアを組み合わせます。

 

下穴を開けたあと、X-1に6mmのタップを咥え、そのまま極低速回転でタップを切ります。

 

大トルク、極低回転が可能なフライスマシンだから可能な技、精度の高いクロステーブルも効果を発揮しています。ボール盤ではこうは行きません(タッパを使う?すみませんよく知らないのです)。手放しでX-1ほめちゃいますね、わたしゃ(ちょっとムキになってます)。これが6万円。いい時代です・・・



仕上がりはこんな。

ちなみに仕上がりはこのような感じ。

 

きれいに垂直が出ています、素晴らしい。



組み立て。

作っておいたスペーサー、7mmのカラーをM6のキャップボルトで組み付けます。



回転取出しユニット装着。

そして組み付けたのがこちら。1枚目の画像と比較してみてください。



ケーブル装着、完成!

最後にメーターケーブルを丁寧に取り回し、稼動部との接触を確認してめでたく完成です!

 

やー長かった、やれやれ。しばし見とれて悦に入りましょう・・・


メータギア移動の目的とは。

次はフロントアクスルシャフトの強化に移ります。

 

ノーマルで直径14mmしかないアクスルシャフトを20mmに強化します。この作業のためにメーターギアを移動したかったのですね・・・

 

長々とお付き合い頂きありがとうございました。しばし後にまた!


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品