まずはダウンチューブから。

まずは中古パーツをあさります。

 

なんと100円で落札できたZX10(古い方よ)のダウンチューブを使用してエンジンを支えることにしましょう。
仮組してみます・・・。なんとなく、装着できちゃいそうな。

 

マフラー、ラジエター&オイルクーラー、ウォーターパイプを取り除いて仮組みしてみます。この時点で発覚した問題点は次の通り。

 

・シリンダー前部のウォーターパイプがダウンチューブに接触する
・オイルクーラー装着に難あり
・900R用マフラーがダウンチューブに接触する

 

このあたりはZZRよりパーツを持ってきます。まずはNinjaエンジンのままでのダウンチューブ装着を試みるのです。

 

一気に、はできませんからね。



スキマチェック1。

フレームとダウンチューブ、車種が違いますので当然隙間が開きます。ここを自作削り出しパーツで接合するのです。

 

まずはヘッドパイプ部分。これなら何とかなりそう。この画像は左側ですが、右側も似たようなもんです。



スキマチェック2。

下部左側面。

 

ちょいと大きめのスペースが開いてますが、2017Sの20mm板からの削りだしで強度・見栄えともにイケると思います。



スキマチェック3。

こちらは右側。

 

左よりは楽そう。へー、ZX10のダウンチューブって左右で長さ違うんだ・・・あとで調べたら、サイドスタンドユニットがここに付くらしい、です。



じゃ、スキマ埋めます。採寸から。

いつものとおり、信じられないほどいいかげんな採寸をします。

 

といいますか、単なるいい加減・・・ではなく、エンジニアリングプラスチック・・・ではなく古いまな板(!)を切り出してケガキを付けアタリをとり・・・



仮組み。

こんな感じでどうでしょう?


プロトタイプ完成(?)。

ちなみに厚みは15mm(参考になる方、い・・・ませんね?)。

 

はい、これでプロト作成完了!(けっして投げやりになっているわけではありません)


材料の切り出し。

さて、秘密兵器?のご紹介、その名もREXOSバンドソー。なんとその価格、ホームセンタードイトで29,800円。

 

え、こんな安くて使えるんですか?そう思って購入してみました。プラスチックのボディで付属のバンドソーも木工用があるのみ。ラインナップにも金属用の歯は見当たらず。困ったなあ、と思いつつためしに2017Sの20mm板を切断してみると・・・


REXOSバンドソー。

なんとあっさり切断可能。

 

さすがジュラといえど軽金属、ナイス切削性。騒音はひどいですが切れ味はまずまず。REXOSバンドソー、アマチュア金属加工家なら必携ですね!
(ウソだと思うなら、20mmの2017Sを弓ノコで切ってみよう・・・)


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品