ダウンチューブ上部ジョイント改良。

というわけで再度作り直しました。今度のはミーリング加工もされていてパーツ単体としての完成度はあがっている?

 

ジョイントパーツから下側に足を延ばし、ここで1100エンジンのヘッドマウントを掴むようにします。

 

左右で2枚セット。



とりあえず積んじまえ!

なにしろヘッド部のマウント以外、形状に変わりのない900Rと1100のエンジン。

 

そのマウント部をジョイント形状で吸収する設計をしたのですからもうボルトオンで乗っかるわけです。

 

というわけで(?)あっさり1100エンジンを搭載し、ダウンチューブを装着します。左右をご覧下さい。



バッチリです。

アッパーカウルステーはミーリングした部分に、5mm厚のカラーと共に挟み込んでいます。

 

表面はヘアライン仕上げ・・・うん、やはりこっちの方がカッコいいですね。ステンレスボルトで装着されていますがコレは仮締めです。走行前にハイテンボルトに交換する予定。



エンジン搭載完了。

ようやくエンジン搭載完了。

 

マフラーはベビーフェイスのZZR1100-D用を取り付けし、何とかバイクの形に戻りました。




関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品