ハイプハン。

私、セパレートハンドル派です。

 

今回もできればセパレートハンドルで行きたかったのですが、なにしろ9Rの正立フォークは46mmという超極太。適合するセパハンは非常に高価ですので、ここは逆を狙ってスーパーチープに攻めてみます。

 

とはいえ、いろいろ手間も掛かるのですが・・・

 

某オークションで購入したハンドルがなんと210円。新品(!)。

 

同じくオークションで購入したこれはなんだろう、えーと、バリオス用のハンドルブラケットですね。1,500円。



ハンドルブラケット穴加工。

ハンドルが正しくついていないと気分が悪いので、CCNCをプロッタ代わりに使用、センタドリルを使用してポンチ打ち(?)

 

ボール盤で穴開けて、念のためヘリサートでネジ穴を強化して



組み合わせます。

組み合わせるとこの通り。1,800円には見えないでしょ?色がちょっとアレで悩みますが、まあ安いのでよいでしょう、どうせセットアップを進めるうちにハンドルは交換することになるでしょうから。

 

今週末に車体と組み合わせます。うん、順調、順調。

 

ブレーキは何にしようかな、4パッドのブレンボが好きなんですが、ちょっと高いですね~



装着。

作成したアップハンキット?を装着します。

 

とにかくハンドルまわりは配線が大変、またこのように古いマシンのレストアだと、コードが汚いんですよね・・・

 

うーん、クラッチまわりも相当へたってるなあ、アッセンブリで何かのと交換しないとダメみたいですね。



上から。

とか何とか言いながら、装着完了。

 

うん、前後の位置はこんなもんだろう。



横から。

いろんな角度から何枚か。


斜め前から。

高さはどうでしょう、ちょっと高いかな~

 

好みとしては、アップハンなんだけど実は以外と低いのね、というあたり。

 

でも跨って掴んでみると楽は楽ですね。


ハンドル、とりあえずOK。

うん、とりあえずしばらくはこれで行きましょう!

 

ハンドルバーのみならずグリップまで赤いのは何かの間違い、すぐ取り替えますっ!

 

さてさて次回のお題は? ハンドル以外の「ハンドルまわり」です。ブレーキや配線や・・・RXならではの意外な伏兵あり。乞うご期待。


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品