キャリパー仮止め。

このように仮止めができるわけです。



走りませんよ。

まさかこの状態で走るわけには行きませんが、現物あわせで実測するには問題ありません。

 

実際のサポート形状をイメージして、干渉する箇所が無いかを確認します。ね、意外と(?)手が届きそうな工作、でしょ?



準備OKです。

次回はCADで図面を引いて切削です。

 

仕事の合間でやっている都合上(意外と仕事人間なのです)、進みが悪くて申し訳ありません。

 

このグダグダ感もまた、プライベーターの常ということで、お許しください。

 

・・・しっかし、リアまわりどうしようかな、スイングアームは換装で行くか補強で行くか。あのリンクがなあ。





関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品