完成!

ということで完成!です。

 

シフト側の装着はリンクロッドの延長が必要です。手持ちの6角棒を使用して暫定延長ロッドを作成。最終的にはロッドももうちょっとかっこよく作りますがまずはこのままコースに持ち込みます。

 

ノーマルのガタガタのべダルと比較して(年代モノですからね)、ベアリング2つで挟み込んだべダルはペグと同軸に仕込まれており、シフトフィールは格段によくなっています。



チェンジ側。

次はフロントスプロケットカバーでも作りましょうか。

 

ちなみに、先端部分のラバーとベグは転倒して交換することを考慮して市販品を使用しています。



ブレーキ側。

ブレーキ側です。

 

スペース的に余裕があるため、取り付けに問題はありません。



カッコいい~

ノーマルはマスターシリンダーはフレーム固定ですがこいつはステップについているため取り付けはかえってカンタンになっています。

 

いやー、自画自賛ですがカッコいいですね~



以上。

以上でオリジナルバックステップは完成です。

 

作業的に目新しいものはありませんでしたが、どれだけCAD上でイメージを膨らませることができるか、センス(私にそれがあるとは思いませんが)が問われる作業だったと思います。



おしまい!

とりあえずこの状態でコースを走り、駄目出しをしつつ「量産」しようと考えています。

 

・・・え、量産?!


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品