旋盤とフライスの合わせ技でテーパーシムを作ってみよう

テーパーシム。

 

あまり使うことはありませんし小さな小さな小物です。そして、市販品でこのような製品は存在しません。

 

もしこういった小物を使いたいと思ったら。作るしかないのです。

 

そして、精度よく量産したいと思ったら、フライスと旋盤が必要になります。

 

加工機械さえあれば10分でできてしまう、そんな加工事例をご紹介いたします。


旋盤とフライスの合わせ技でテーパーシムを作ってみよう記事一覧

オートバイに乗らない人にはさっぱりわからないと思いますが・・・(スミマセン)この写真は、バイクの右側ステップの後端部の写真です。なにが起きているかというと、右に転倒したときに(その時に実は右鎖骨を骨折しています)ステップ(足を乗せるところ)を路面に強打してしまい、フレームごとひん曲がってステップ基部のプレートが内側に入ってしまった図、です。ステッププレートが内側に入った結果、スイングアームという後...

関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品