280V電源の確保。

次は電源コンバーターです。100V単相をMAX280V単相にコンバートします。

 

エレ・メカ・ホビーショップSECさんより、必要なパーツを入手しました。セットで販売して頂けるので、非常に助かります。

 

あとは配線(2sq)とボックス代わりのタッパケース、これはホームセンターで入手しました。



電源コンバーター組み立て。

グルーガンを使用してコンデンサを適当に纏め、念入りに配線を半田付け。



電源コンバーター完成。

安全装置のブレーカーを噛まし、入念な絶縁処理を施した上で(写真は絶縁処理前)このようにタッパに収めます。

 

組み立ては何にも問題ない、工作大好きなここを見るような方であれば恐らく誰でもできる・・・と思うのですが・・・

 

注意!極めて高圧な電気がコンデンサに溜められます。これはコンセントを抜いても残ります。感電すると命に関わりますから(200Vは半端ではない!)、自分もやってみたい!という方はどうかこのサイト以外の、専門書や関連知識のある方のフォローを受けてください。

 

真似をされてなにか起きても、私はまったく責任を取りません。どうか、お願い致します。



電源確保!

と、いうことで配線などは省略致します。

 

全てがうまく結線できていれば、このように三相200V入力のインバーターを起動することが出来るわけです。

 

これはすごい。



あっという間に・・・

無事完成です!

 

でかいでかいと思っていたこの汎用モーターも、見慣れてくると気になりません(?)。

 

インバーター、コンバーターはとりあえず背後の棚に置いておきます(赤枠内、いいのか?)。



350→1800

少しずつ周波数を上げ、全開でおよそ1800回転。成功です!

 

さらにインバーターをいじれば倍速も可能です。試しましたがおっかなくて近寄れない・・・

 

懸念の音は「しゅいーーーーん」という高周波音のみ、ギア時代のガラガラ音と比較するまでもなく恐るべき静粛性です。これならば夜の切削(なんか意味深な響き)も問題ないでしょう。

 

驚くのは汎用モーターのバランス、この回転数で微動だにしません。ビビリ、振動まったくなしです。すばらしい精度でバランス取りされているのでしょう、日本産業の底力ですね。

 

さて、これでようやくモーターに不安がなくなりました。現時点では単にパワーがまして回転数が上がっただけですので、切削精度が向上したわけではありません。今後は剛性強化に着手する見込みです。

 

お付き合いありがとうございました!

 

PS.でも、やるならブラシレスモーター化がお勧めですよ~


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品