ベアリングホルダ完成。

組み合わせるとこの通り。

 

薄めのナット(3種といいます)の2丁掛けにより、ベアリングには適度な与圧を掛けることができます。

 

回転もスムースでまずは安心、満足。次回は組み付け、これでX軸は完成、かな?



裏側です。

しかし自分の手の遅さに嫌気がさします。早く完成させていろいろ削りたいですね。

 

私は機械そのものではなくそれによって作成されたパーツ(バイクね)に興味がある、もっと言えばそのパーツをつけて走ることが趣味なんです!!



X軸組み立て。

そろったパーツを組み付けます。

 

モーター取り付けは最近流行りの(?)斜め付け。シャフトが細くて少々心もとないですが、とりあえずはこの形でいったん完成させます。ボールネジ化できればガンガン加工が進みますからね(進むはず)、改良は後、後。



うん、設計通り。

ダブルベアリングに適度な与圧を掛け、ハンドルを回すと・・・おおっ、遊びが3mmくらいしかありません。ええっと、このハンドルは半径5cmだから円周が314mm。ボールネジのリードが5mmですから、

 

3/314×5=0.048mm。

 

バックラッシュは1/20mm程度、ノギスのバーニアレベル。

 

うん、まずますでしょう!しかし色気のないパーツだな、己のセンスのなさを再確認。



X軸完成。

横から見るとこんな感じ。

 

張り出しが大きいですが、やむを得ません。 次はY軸行きます、2つ目ですからさくさく進むはず!です。



関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品