フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!⑧小物~完成

【スポンサード リンク】


小物。

現時点で取り合えず切削は可能な状態です。

 

ここで己で己のパーツを削りつつ作業を進めることで、その品質を実感し高めて行こうという嗜好。

 

前回作成した天高くそびえるZ軸ステッピングモーターユニット、G00で主軸を上下させますと長い軸がブレますので中間にベアリングを噛まします。

 

ちょいちょいとコードを作成しておもむろに削ります。各軸バックラッシュは適当に0.05mm程度を指定して・・・。


さっそくボールねじ効果?!

はい、できました。

 

おお、自画自賛恐縮ですがなかなかの精度みたい!円の直径を数箇所測定してみましたが切削誤差はノギスのバーニアでは検出できません!壁面の荒れも少ないですね。



ちょいミス。

しかし、薄皮一枚残して削りぬくことに失敗、部品が暴れて傷が入ってしまいました。
(この頃はCut2Dを使ってなかったのです)

 

まあ、使えるからよいでしょう。


自作ベアリングユニット。

ベアリングをはめ込みます。

 

見事な手ごたえ、バチッと合わさり、プレスで軽く押し込める。シャフト穴は間違って8mmであけてしまいましたので12mmでドリル加工、ドレメルではめしろ調整を行っています。


Z軸再度完成。

組み立てるとこのとおり。

 

これでシャフトのブレは納まりました。純正然とした無骨さが好みです??



完成っ。

以上の作業ですべての加工が完了しました。

 

正味4ヶ月、ちょっと時間掛けすぎましたね・・・比較的安価な転造ボールねじ(精度ももちろん相応)を使用してどの程度進化したのでしょうか?


Y軸を上から。

Y軸です。

 

現在、ボールねじはつけっぱなし、反対側からプレッシャーを掛けるなどの機構は装着していません。ボールねじそのものの精度がなんともいえないため、左右にスライドさせたときの遊びがどう変化して機構にどの程度の無理を掛けるのかわからないからです。

 

今後これを計測し、うまく与圧を掛けることができるならば、そのときに真の「ノーバックラッシュ」が実現することでしょう。

 

現時点でのバックラッシュは0.05mmです。


次はX軸。

次はX軸です。

 

構造は私のことですから(?)Y軸と同様です。



そしてZ軸です。

そしてZ軸です。

 

そびえています。

 

あまりに抵抗が減ってしまい、主軸自重と振動で下がってしまう(!)ので、常にステッピングモーターには1.5Aの電流を流しています。


以上で全作業完了です!

もちろん、ボールねじももっと精度の高いもの、太いものに変えればさらに精度は上がりますしあげたいという気持ちもあるのですが・・・本体剛性と使い道を考えばどうでしょう、コレくらいが「ウェルバランス」かなあ、とも思います。

 

まずはここでひと段落、今後は作品の生産に精を出そうと思っています。まずは投げ出してた精密バイスかな・・・?!

 

あれ、DROがこんなところに!!

 

以上、本稿クローズ!


【スポンサード リンク】

よく読まれています!



フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!⑧小物~完成 関連記事はこちら

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!①X軸ベース

まずはボールネジを調達します。これが結構高価です、ポンポン購入できる代物ではありません。ここはいつもの手段で丹念にオークションをチェック、運よく適切な長さの転造ボールネジを3本入手することができました。比較的廉価な転造ボールネジといえど、2本買えば2万円近くします。いやいや、精度向上のためならばこれ...

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!②X軸モーター装着

外してあったX軸モーターユニットを改造します。ボールネジマウントを作成した結果、台形ネジと比較して軸の位置が少し下に移動しています。それに合わせてユニットを上下方向へずらす必要があるのです。取り付けボルト穴を長穴加工することでそれを実現します。

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!③ベアリングホルダ

次はベアリングホルダ。せっかくボールネジを採用し台形ネジに比べてバックラッシュを削減させても、その取り付けにガタがあっては意味がありません。現行バージョンでは1つのベアリングにあえてスラスト荷重を受け止めさせ、発生したバックラッシュ(0.1~0.2mm)をTurboCNCに吸収させていました。この割...

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!④結合シャフト

そしてベアリングをプレスで押し込み・・・頑張ってベアリング穴を開けた甲斐あり、適度なプレッシャーで厚入することができました。よしよし。1万円で買った中華プレスも今のところ順調に稼働中。もう元は取りましたね。

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!⑤X軸完成

組み合わせるとこの通り。薄めのナット(3種といいます)の2丁掛けにより、ベアリングには適度な与圧を掛けることができます。回転もスムースでまずは安心、満足。次回は組み付け、これでX軸は完成、かな?

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!⑥Y軸完成

なんじゃこりゃーーーー!!ボールネジ取り付けブロック、沈め穴を削っている最中、X軸のボールネジを固定しているイモネジが緩みこんなありさまに・・・。ほったらかして工作室を出ていた私が悪いのですが。さて、どうしよう?これでお釈迦、というのもエコじゃありませんよね。「鉄ならでは」のハンダによる修正を試みま...

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!⑦Z軸完成

さあ大トリ(北島三郎?)のZ軸です。私の主軸は巨大モーターがオフセットされているという特徴(というか弱点)がありまして、その対策としてボールねじも少しオフセットさせて重心に近い位置に設置するようにします。とりあえずはボールスクリューマウントを切り出してゴリゴリ穴を開けて・・・とまあこんな感じ。例によ...

≫続きを読む

フライスの送りネジをボールねじ化してみようぜっ!⑧小物~完成

現時点で取り合えず切削は可能な状態です。ここで己で己のパーツを削りつつ作業を進めることで、その品質を実感し高めて行こうという嗜好。前回作成した天高くそびえるZ軸ステッピングモーターユニット、G00で主軸を上下させますと長い軸がブレますので中間にベアリングを噛まします。ちょいちょいとコードを作成してお...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP