動機と構想。

ある日、こんなサイトを見つけてしまいました。

 

株式会社オリジナルマインド。

 

な。な。な。なんと、CNCマイクロフライス盤を10万円台で売っている!!!
いやまて、CNC基盤とステッピングモーターのセットまで!!!
なんてこった、なにからなにまで手に入るじゃないか。。。インターネットって凄い!

 

こっこれはもうやるしかない。
一応、大学生のときは制御工学を学んだし、今は現職のシステムエンジニアだ。
プログラムだってなんとかなるでしょ。

 

ということで・・・CNC、やろうぜっ!

 


 購入したもの
    ・購入元 :株式会社オリジナルマインド
 明細
    ・CNC基盤 QUATTORO-1
    ・ステッピングモーター3個
    ・パラメータ転送シリアルケーブル(家電屋でも買えます)
    ・制御データ転送パラレルケーブル(家電屋でも買えます)
    ・基盤ケース(あった方がいいでしょう)
    ・ACアダプタ、モーターケーブル類(勢い)



まずは機材購入・・・

ネットで注文したら、翌日には自宅に届いちゃうんだから・・・。恐ろしい世の中です。

 

総額7万円程度のパーツ群、さっそく組み立てましょう!昼真っから飲みつつの組み立てです。



QUATTRO。

これが「オリジナルマインド」社謹製、QUATTRO。

 

でも、残念ながらすでにこの基盤は廃盤となっております。現在は「TRIO」あたりが後継機なのかな?マイクロステップも1/16まで利く、いい基盤です。



こんなケースに入ります。

このケースはQUATTRO専用のケース。

 

カバーがヒートシングに直結してケース全体で冷却する構成の様子。ですが、私は最終的に蓋を外しっぱなしで使用しています。理由はいずれ。



ステッピングモーター。

とりあえずステッピングモーターは、適当な3個セットを購入しました。

 

なにしろ初めてのCNC、いったいどれくらいのパワーが必要なのか?そもそもステッピングモーターのパワーってどういう値で表現するのか?なーんもわかりません。なーんもわからない場合は、とりあえず手を動かそうぜっ!なのです。



初CAD。

部品もそろったので、図面のようなものも引いてみましょうか。

 

初めてCADを触りましたがまあ、なんとかなりそうな?どうせ描画するなら必要なものを、とX-1のクロステーブルにステッピングモーターを装着するプレートを書いてみました。これを2枚切り出し、アルミ棒でマウントします (というつもり)。


Gコード生成。

んでもってこの図からエンドミルの切削経路を割り出し、Gコードという制御プログラム?を作る。。。

 

なんかそれっぽいが、これでよいのかはたして??ソフトウエア関連は別途、またの機会にご説明致します。 今日はここまで、今後はGコードのお勉強とフライス改造を平行して実施します。お楽しみに!!


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品