ミニフライスのCNC化 ④Y軸の完成

【スポンサード リンク】


次、Y軸。

今週はY軸の仮付けです。

 

で、とっととカラーを切り出して、組みつけてしまえばもうY軸ユニットが完成。X軸とY軸が同じ構造だと作りは楽ですが、読んでても楽しくないですよね。しかも見た目まったく区別つかず!実は写真も使いまわし!(うそです)

 

ちなみにカラー作成の手順は以下のとおりです。

  1. 長い真鍮丸棒を磨き、長いままチャックに咥える。テールストックにはセンタードリル、ツールポストには突っ切り。
  2. センタードリルでくぼみを開ける
  3. 丸棒を引き出し37mmの長さに突っ切り切断
  4. 2)~3)を4回繰り返す(4本のカラーブランクが出来る)
  5. テールストックのセンタードリルを5mmのドリルへ交換
  6. 1つづつチャックに咥え、穴あけ
  7. 完成

Y軸仮装着。

あっさり装着。

 

なーんにも書くことありません。あっ、約束どおり?作業台周辺をちょこっとだけ掃除しました!



上からの図。

ちなみに現在の状態はあくまで仮付け。後ほどご説明いたしますが、このまま動かせるシロモノではありません。先はまだまだ長いのです。

 

コントロール用のパソコンをどこに置こうかな。そろそろそんな心配もしないと(気が早い?)。


X軸Y軸、そろい踏みっ。

はいっ!X軸、Y軸にステッピングモーターが装着されました。

 

しかしハンドルがないけどいいのかなあ・・・まあ、いい感じにメカトロニクスって雰囲気です。ワークテーブルがやや錆びているのはもう言い訳のしようもなくお恥ずかしい状態。完成の暁には磨き上げましょう!

 

今日はここでタイムアップ!正味40分しか作業できませんでした。


この時点での課題、その1。

次回(以降)の課題です。まず、一つ目の課題は「仮付け」状態のX軸、Y軸のモーターの本付けです。

 

写真の赤枠内にベアリングを組み込み、外輪をワークテーブルに、内輪を引きネジと固定します。こうするとベアリングのスラスト方向のガタがそのままバックラッシュとなってしまうのですが、まずは動かしてみたいのでそのまま行きます(CNCソフトのバックラッシュ吸収機能?も試してみたい)。現在ひしフランジ形ユニットを注文中、到着し次第装着します。



この時点での課題、その2。

もうひとつの課題はZ軸へのモーター装着。Y軸は常に重力が掛かるため、ちょっと工夫が必要です。そのぶんバックラッシュは少ない・・・のかな?

 

次回まで一生懸命考えます。ハイ。



【スポンサード リンク】

よく読まれています!



ミニフライスのCNC化 ④Y軸の完成 関連記事はこちら

ミニフライスのCNC化 ①動機~構想

ある日、こんなサイトを見つけてしまいました。株式会社オリジナルマインド。な。な。な。なんと、CNCマイクロフライスを10万円台で売っている!!!いやまて、CNC基盤とステッピングモーターのセットまで!!!なんてこった、なにからなにまで手に入るじゃないか。。。インターネットって凄い!こっこれはもうやる...

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ②モーターベース作成

CADで図面を引きCAMでGコードを生成して。そんでもって手で切り出す。 だってまだ肝心のフライスが手動ですから・・・前回書いたプレートの図面をプリンタで印刷します。実寸で印刷することができます、まあ厳密に言えばズレがあるのでしょうがわたしに要求されている精度では問題ありません。 上に見えるステッピ...

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ③X軸の完成

次はステッピングモーター用のカラーを作成します。真鍮の8mm棒を使用します。これまたなぜ真鍮かといえば、手元に転がっていたからです。5mmの貫通穴を開け、37mmの長さで切り出します。たいした加工ではありませんが、ここの精度は重要ですから慎重に慎重に。。。

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ④Y軸の完成

今週はY軸の仮付けです。で、とっととカラーを切り出して、組みつけてしまえばもうY軸ユニットが完成。X軸とY軸が同じ構造だと作りは楽ですが、読んでても楽しくないですよね。しかも見た目まったく区別つかず!実は写真も使いまわし!(うそです)ちなみにカラー作成の手順は以下のとおりです。長い真鍮丸棒を磨き、長...

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ⑤課題の解決

【FYH(日本ピローブロック)】 クリーンピロー UFL 08 【 送料無料 一部地域を除く 】価格:1,512円(税込、送料込)先週の宿題を片付けます。ワークテーブルとモーターユニットの本付けを行います。 購入して届いたひし形フランジベアリングユニット。止めネジ方式で十分な固定ができるのか非常に不...

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ⑥Z軸の完成

さて、話はZ軸へ。可能な限り、X-1本体への加工は避けたいので、ありものの穴を利用します。Z軸はトップカバーを外すと3mmのネジ穴が4つ現れます(四隅に見えますか?)。ちょいと強度的に不安がありますが、これを利用してみましょう。ちなみに、X-1の同型機・・・兄弟機・・・コピー機・・・は多数あります。...

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ⑦試験切削

これで完成!!とはいかないのがこの世界。カスタムバイクもそうなのですが、実は「組みあがってからがスタート」なのです。組みあがった状態は単に「動く」だけであり(これはこれで大事なことですが)「快適に動く」ためには各部の調整が必須となります。作るために費やした時間と同等かそれ以上時間を掛けるべき作業です...

≫続きを読む

ミニフライスのCNC化 ⑧試し切り

次は恨みのベアリング穴を開けてみます。10mmの2017S板材に外形28mmのベアリングを圧入します。1.5mmだけリップを出します。リップの反対側は、あとから旋盤でCリング穴を切る予定です。28mmともなると、さすがにドリルでは開け切れません(油圧ラジアルボール盤でもあれば話は別)。またベアリング...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP