ねじ切り。

そうしたら、先ほどセンタードリルで揉んだ箇所をネジ切りして・・・

 

うーん、フライスよりなぜか手間がかかってるなあ。



X-1CNC解体。

なぜか、なぜかX-1CNCからX軸ステッピングモーターユニットを取り外すと。。。

 

今まさに仕事を終えたばかりのX-1CNC解体、むごい。



移植。

はいっ!

 

いきなりFL350用X軸ステッピングモーターユニット完成!



移植!

あっはっは、これぞパーツ共通化の醍醐味!(?)

 

手を抜くことに掛けては、第一人者?もう、ひとつだって切り出す部品を減らしたいのです。この点が同好の方々と私の異なる点といいますか、私の個性といいますか。。。いや、工作そのものは好きなんですが、手間を掛けたくないのではなく極限まで合理的に、シンプルにしたいだけなんです!(?)



装着。

もちろん、装着可能です。

 

意外と今日は進みました。あとはカップリングを含めた親ネジとの連結さえ行えば、X軸完成、と相成ります。

 

カップリングは自作してみたいと思います。



モーターベース装着。

昨日作成したベースプレートをイモネジでしっかり固定できるようにします。

 

使用したのは4mmのイモネジ。簡単なわりには思ったよりしっかり固定できます。スリ割りを入れてバイクのトップブリッジのように締め付けようかとも思いましたが不要のようです。

 

このまま行きます。


手作業。

で、おもむろに旋盤(まだ手動)で転がってた2017S、20mm丸棒を削り・・・


手作業!

穴を掘って・・・


手作業!!

2ヶ所ばかしネジを切ると。


手作業で頑張ったぜ。

こんなものができました。

 

即席の凸8mm-凹12mmカップリング(固定式)です。

 

こんなものも近い将来、CNC化の折りにはGコードで作ることができる、でこぼこのR処理も恐らくうっとりするほど滑らかになるのでしょう。


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品