旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!④X軸モーター取り付けその2

【スポンサード リンク】


組み付け。

できあがった自作カップリングをパカッと挿し込み、そして・・・


試運転。

X-1CNCのY軸ユニット改めFL350-CNCのX軸ユニットを仮付けします。

 

この状態でCNC制御基盤と制御用PCを起動、Jogモードで動作確認を行います。

 

・・・どうも自作カップリングがよくないようです。振れがかなり出ていて動きに渋さが残ります。ここはやはり市販のカップリングを使用するべきなのかも。うーん、カップリングは自作しようと思っていたのですが切削品質に直に関わるところですから悩みます。どうもイモネジで2ヶ所から押すと微妙に芯がずれるようです、確かに当たり前だ(3ヶ所で押せばいいのか?)。

 

でもまあ、動きそのものはスムースです、スライドがぐりぐり動いて楽しいです。



試験切削。

あれ?ここまで動くってことは?

 

思い立ってGコード(10mm左に動いて、戻るだけのもの)を作成、動かしてみました。

 

すると、動いた動いたっついでに削れた!

 

例によって動画です。

 

仕上がりはこのとおり、なかなかの鏡面っぷりです。主軸と送りが完全に分離されたからでしょうか、持病だと思っていたさざ波のような共振によるビビリがまったく発生しません。

 

仮付けしたモーターで仮切削とはいえ、先が楽しみ。これだから工作はやめられません。




【スポンサード リンク】

よく読まれています!



旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!④X軸モーター取り付けその2 関連記事はこちら

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!①動機~構想

面白いものでフライスの出番が増えると旋盤の出番もまた増えます。厚モノの板から贅沢にほとんどを切り粉としつつ削りだし。。。などということはせず、必要最小限の板からフライスでパーツを削ればその分正確なカラーが数多く必要となります。せっかくフライスがCNCで正確な切り出しを可能としているのだから、カラーで...

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!②X軸モーターベース

では、いつもどおりお絵かきの時間です。使用するはいつもどおり鍋CADです。そろそろ3DCADにも手を出したいのですが・・・前回更新の最後の画像、自動送りギアマウント用プレートの代わりの装着するベースマウントがこれです。左右に60mm間隔の穴が開いていますが、これは。

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!③X軸モーター取り付けその1

そうしたら、先ほどセンタードリルで揉んだ箇所をネジ切りして・・・うーん、フライスよりなぜか手間がかかってるなあ。

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!④X軸モーター取り付けその2

できあがった自作カップリングをパカッと挿し込み、そして・・・

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑤Y軸モーター取り付けその1

X軸のめどが立ちましたのでY軸に取り掛かります。例によって鍋CADで絵を描きます。。そんでもってまた例によって、ユニット化に準じますからこのような形状になります。

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑥Y軸モーター取り付けその2とハンドル等

さあ、ハードウエアの組み立てラストスパートです。なぜかカラーを多用するKow流構造、今回もカラーをどんどん切り出し・・・

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑦試し切り

まず、刃物を用意します。ついにスローアウェイに手を出してしまいました。せっかく旋盤をCNC化して精密な制御を可能としても、肝心のバイト刃先形状が異なっていては、同じパスを通しても同じ切削は再現できません。「アルミ削るにスローアウェイは不要」との信念でしたがここにきてやむを得ず、です。いや、ランニング...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP