計測。

次にスピンドルの回転数を計測します。

 

フライス盤は送りと回転数は密接な関係があります。回転数が毎回異なっていれば、同じ送りで作業をしても同じ結果はでません。今のところ毎分何回転回せばよいのかわかりませんので、まずはこのマシンの全開回転数を計測し指標とします。

 

オークションで買ったこの非接触回転計を使用します。



計測準備。

反射テープをスピンドルに貼り付け・・・



計測。

386rpmとのこと。ほぼ計算どおりです。これ、使える!!

 

これで完成です。回転数を下げた分、トルクが3.5倍になりました。それでも対象が2017Sの場合、切り込みは0.5mm、送りはF50。

 

うーん、根本対策の必要があるなあ・・・。とりあえず今回はこれで締め、です!





関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品