ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!①ヘッド部

【スポンサード リンク】

材料。

今回は珍しく、快削鋼を使用します。48mm丸棒の頂き物がありましたのでこれを使用します。

 

このサイズの快削丸棒って、ボーリングヘッド作るためにあるようなものですよね・・・そうです、頂いたときからこれは宿命と思っておりました。

 

さすがは快削、この太さでもバンドソーでサクサク切れてしまいます。音も静かです。


溝掘り。

自作精密バイスに切り出した材料を銜え、8mmの超硬エンドミルで溝を切ります。

 

超硬を使用していることに意味はありません、1mmの切り込みで加工しましたがまだまだ余裕ありそうです。もっとも過ぎたるはなんとやら、X-1の剛性で(いかに相手が快削といえど)はやり過ぎると振動が発生しエンドミルがお釈迦になります。

 

周囲をボール紙で囲ったりして、切粉対策に頭を悩ましています。




アリ溝加工。

その後アンギュラカッターでアリ溝加工。

 

見るからに角が折れそうなので、0.25mmずつ、慎重に切削を進めます。


【スポンサード リンク】


アリ溝完成。

とりあえず今日はここまで。

 

いいバイスといい刃物、そこそこのフライス本体(そして腕?アハハ)があれば、こういった加工もすんなり進むわけです。

 

ちなみにこれはヘッド本体となります。


スライド部。

刃物をくっつけてスライドする部分を作ります。

 

いしむらさんの設計をお借りすると、稼動部分の厚みは30mmとなります。

 

もっともいしむらさんのボーリングヘッドは私のものより一回り大きい(フライス本体も大きいですから)のであちこちアレンジして一回り小さくなる予定です。 加工時間短縮のため、バンドソーで指定寸法+1mm程度に切り出します。


自作バイスで自作ボーリングヘッドを加え、自作フライカッターで。

ここで登場するのが先日作成した自作フライカッター。

 

1,500回転(火花飛びまくり!)、0.2mm切り込みの切削でツルツルの面を作ることができます。

 

自作精密バイスとの組み合わせも上々、完璧な平行度で削りあがりました。


下ごしらえできました。

これくらいツールがそろっていると、作業も早いです。

 

やれやれ、ようやくここまで来たか・・・なんて悦に入るのはまだ早いですね。フライス道、これからも精進せねば。


スライド部仕上げに入ります。

では、アリミゾのオス側を作ります。

 

うーん、騒音がかなり凄いです。切り込みは0.20mmなのですが・・・もうアンギュラカッターの切れが落ちてきてしまったのか、私の使い方がまずいのか。

 

いずれにせよキチンと切れてはいるので騒音は(文字通り)耳をふさぎ先を急ぎます。

 

(後日談:結局切り込みを0.05mmまで落とすことできれいな切削面で仕上げることができました)




ヘッドの外周加工。

と、日も暮れて騒音はそろそろ気まずいので旋盤仕事に。

 

メス側を旋盤に咥え、外形加工です。こういったテーパーもCNCであれば簡単に加工できてしまいます。

 

快削とこのチップは相性が悪いみたい、切削面は荒れ気味です。


【スポンサード リンク】


誤魔化して仕上げ!

得意の(?)シャイネックスで誤魔化してしまいましょう。

 

いやはや、どう考えてもオフ会には間に合わないぞ!


よく読まれています!


ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!①ヘッド部 関連記事はこちら

ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!①ヘッド部

今回は珍しく、快削鋼を使用します。48mm丸棒の頂き物がありましたのでこれを使用します。このサイズの快削丸棒って、ボーリングヘッド作るためにあるようなものですよね・・・そうです、頂いたときからこれは宿命と思っておりました。さすがは快削、この太さでもバンドソーでサクサク切れてしまいます。音も静かです。

≫続きを読む

ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!②スライド機構

メス部分のサイドをカット。私にしては珍しく、CNCではなく手動で切削してみました。10mm超硬エンドミルのピンカドが欠けてしまったものを、生きている側面の刃を使用して一発カット。最後にベルトサンダーでヘアライン仕上げに(手抜き)。マイクロメーターで両面の平行度を完璧に仕上げます。ここが狂っているとみ...

≫続きを読む

ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!③微動送り機構その1

念願の工具掛けを作りました。今までは工具を引き出しに入れて使っていたのですが、出し入れが面倒でついつい出しっぱなし、工具は切り粉にまみれ行方不明・・・これでは6歳の息子にすら劣る有様ですので合間をみてツーバイフォー材でざくざくっと作成。これで生産性が飛躍的に上がる!とよいのですが。

≫続きを読む

ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!④微動送り機構その2

ダイヤル部を20mm快削材より削りだします。なかなかこのあたりの機構が理解できず苦労しましたが、たぶんこんな作りなのでしょう・・・このダイヤルの外周と、ボーリングヘッド本体メスに彫った径18mmの穴はビシッと寸法が合っている必要がありますので外周切削は特に慎重に。最終的な擦り合わせはペーパーのひと撫...

≫続きを読む

ボーリングヘッドを自作ってみようぜっ!⑤アーバーと刃物

アーバーを作ります。正直言って手抜きです。monotaroで購入できる、ドリルアーバーがちょうどMT2でX-1にぴったりなのでこいつを流用します。といっても余分なところを切り飛ばして穴あけてネジ切って、という程度です。1時間程度の作業で完了。

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP