ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!



ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!

バックステップを自作するようになって、タップたての機会がものすごく増えました。

 

垂直に立てるためにボール盤を使用するやり方は皆さんご存知でしょう、まずタップをボール盤に銜え、材料をセットし、右手で主軸をおろしつつ左手でチャックを掴んでくるくる回し、食いついたら右手をホールドしつつ左手でチャックを緩めタップをはずし、タップハンドルに付け替えて・・・あ゛ーーーーめんどくさい!!

 

ある日、左手でチャックを回す代わりにえいっとボール盤のスイッチを入れてみたら・・・

 

あれ、部材が2017Sなら噛み付きもしないでくるくるねじ切れるぞ?

 

これ、主軸が逆転できればタッパーになるじゃん!

 

普通の方はここでモーターを三相に切り替えてインバーター制御化、逆転を可能とするのでしょうが私はスーパーチープに行くのでした。

 

えーと、タッパーってもの私よくわかってないのですが、タップ切れればタッパーって名乗っていいですよね?ね?






ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!記事一覧

ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!①いきなり完成

とにかく主軸が逆転できればいいんです。そうすれば、チャックにタップを付けたまま沢山のネジを連続して切ることができるわけです。取り合えずこんな図面を引いて。

≫続きを読む



【スポンサード リンク】


美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。