前置き長いですが本文短いよ。

とにかく主軸が逆転できればいいんです。

 

そうすれば、チャックにタップを付けたまま沢山のネジを連続して切ることができるわけです。取り合えずこんな図面を引いて。



シミュレーション。

こんな感じで切り出すことにします。

 

ここまで30分。



組み付け。

いきなり装着されています(途中経過をすさまじく省略)。

 

ハンドルは12mmの2017丸棒です。フリーで動くようになっています。主軸プーリーにがっちり結合されており、適切な寸法(偶然?)によりベルトカバーを閉めることもできます。



部材をセットしチャックに8mmのタップを咥え、下穴にタッピンググリスを十分刷り込みます。

 

右手で主軸を下げて左手でスイッチオン!シュルシュルとネジが切られます。切り終わったらすばやくスイッチオフ、今回作ったハンドルをぐるぐる回しタップを抜きます。うん、これは早いぞナイス生産性!



終わりかよ!

ちなみに、ねじ切り途中で止まってしまったら(8mmだとしばしば止まります)、あわてずスイッチを切り、ハンドルを2回ほど逆回転させてからリトライすればOK。

 

これくらいの大量穴あけも楽チン、楽チン。



 

関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品