サイクロン分離機(ストレートサイクロン)を作ってみようぜっ!

皆さん、工作室のお掃除はどうされていますか?

 

私のように屋内自室鉄工所を使用していて、一番悩むのは掃除なのです。

 

効果的なのは掃除機ですが切り粉を吸い込むとあっという間にフィルターは油でデロデロ、紙パックは満タン、たまったものではありません。

 

仕方ないので箒と塵取り・小さな刷毛などで機械、机を掃除するも億劫でついつい後回し、気づいたら自慢のマシンは切り粉まみれ。

 

これでは作業も進むはずもありません。そこでチャレンジするのは「サイクロン分離機」の自作です。

 

コレ、実は木工の人の間では標準装備に近い状態で、数多くの先駆者がいらっしゃいます。

 

金属加工の方も既に手を出されている方が少なくなく、毎度の通り先輩諸氏の作例を参考に今回のレポートを書かせて頂く次第です。

 

では、挑戦してみましょう!


サイクロン分離機(ストレートサイクロン)を作ってみようぜっ!記事一覧

使用するのは水道管関連部品ばかりです。購入したのは以下のパーツです。・10cm径塩ビ水道管1m・10cm径キャップ(底に使用)・ネジ止め水密蓋ユニット(天板に使用)・10cm径ソケット(雌雌ジョイント)(サイクロンユニットに使用)・3cm径塩ビ水道管50cm×2うれしくて作り始めてしまったので、パーツ状態の画像がありません、スミマセン。さてさて、まずは天板のネジ止め水密蓋ユニットの蓋の中央に穴を開...

ではでは、実験君です。実際にお掃除してみましょう。ターゲットは当然私の工房、すさまじい切り粉とこのサイクロン分離機を作成した結果発生した厄介な塩ビ粉、木材の粉まで散らばっています。まず、お掃除前の紙パックの様子を。この通り殆ど空の状態です。新品を用意すればよかったのですが手元になく少々汚い状態です、申し訳ありません。

関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品