カップリングを作ってみようぜっ!②完成

【スポンサード リンク】

すり割り。

ここまで来ればあとは簡単、総作業時間15分程度です。

 

まずはゆっくり、F25程度の速度(Jogで送りました)でごりごりっとスリットを入れ・・・。

 

ちなみにすごい騒音、とっても怖いです。ソーが割れたら瞬時に破片が飛び散りますので、回転面に頭をおかないように。私は頭をかがめながら作業しました。傍から見たらさぞ異様な景色だったことでしょう。


スリットをどんどん切ります。

1本スリットを切ったらソーを戻しZ軸を2mm下げ、ロータリーテーブルを90度回転。
戦争映画の潜水艦乗りのようにハンドルをぐるぐる回します。なんじゃそりゃ。




8回切ります。

この作業を8回繰り返せば、ほらこのとおり。

 

作業自体はとっても簡単でしょ?

 

ロータリーテーブルのハンドルにステッピングモーターを取り付ければ全工程を自動化できそうです。・・・あれ、それってA軸?


【スポンサード リンク】


はい、失敗!

はい、できました。ジュラ製と真鍮製をそれぞれ作ってみました。

 

ええー、なんか見た目は極めてそれっぽくできたんですが、あまりに硬すぎてカップリングの要をなさないような気がします。

 

材質が悪いのか、スリットとスリットの間隔が厚すぎるのか?いずれにせよもう一息、来週末にリトライ!

 

カップリング、買うと意外と高いんですよ・・・


成功!

少し工夫して、なんとか使えそうなカップリングが完成しました。

 

スリットの深さと薄さがキモみたいです(ふにゃふにゃ具合がイイ感じ)。このまましばらく使ってみて、強度の検証をしてみたいと思います。

 

うまく使えるようであれば、量産して販売?


リーマー。

カップリングを結合するために、6.35mmと8mmの穴を掘ります。

 

写真は模型飛行機のプロペラに使用するリーマー、1,500円購入できる恐らく一番安い6.35mmのリーマーです。

 

・・・が、結局はめあわせを考えると6.4mmでよかったみたいです。こだわらなければ6.5mmでもいいくらいかも(カップリングが吸収してくれます)。


軸穴加工して、完成!

ということで、そのリーマーを通してめでたく、完成です。

 

作るべきか買うべきか?というテーマに対して挑んでみましたが(言い過ぎ)、やっただけの価値はある、と言えると思います。成果は経験値と腕。そしてこんなページを作るネタの確保ってところでしょうか。

 

意外と大変なカップリング自作!本項、おしまいです!




【スポンサード リンク】



カップリングを作ってみようぜっ!②完成 関連記事はこちら

カップリングを作ってみようぜっ!①製作

ではカップリング自作に取り掛かります。が。いろいろカップリングの自作方法を悩んでみたのですが、ここは以前購入してまったく活用していないロータリーテーブルを使用することに。ロータリーテーブルにスクロールチャックを装着し、そこにカップリングのタネを固定するのです。

≫続きを読む

カップリングを作ってみようぜっ!②完成

ここまで来ればあとは簡単、総作業時間15分程度です。まずはゆっくり、F25程度の速度(Jogで送りました)でごりごりっとスリットを入れ・・・。ちなみにすごい騒音、とっても怖いです。ソーが割れたら瞬時に破片が飛び散りますので、回転面に頭をおかないように。私は頭をかがめながら作業しました。傍から見たらさ...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP