今回はもうできてます。

行きつけのバイクショップさんからご依頼を頂きました。

 

オールドカワサキ(W3)のタコメータの取出し口が、壊れちゃったので削りだしてほしい、とのご依頼です。

 

お預かりした部品を見ると、黒ずんでいるもののどうやら真鍮製の様子。このあたり、時代を感じますよね。

 

ショップで海外のパーツショップを含めあちこち当たったものの中古パーツしかなかった様子。ここは一発材質も含めリプロダクトしてみましょう。

 

で、もうできてます。

 

左から、材料、リプロダクト品、壊れた純正部品。

 

決して難しい形状ではありませんが、おねじとめねじが1つずつ存在します。



作り方。

手配した真鍮六角棒を旋盤にくわえます。

 

運よく、破損した部品と同じサイズの六角棒を入手できました。材料規格は昔から変わっていないのかもしれませんね。

 

CNCを駆使して、細くなる部分をささっと削り込みます。

 


おねじ切り。

完成品のおねじの山は1cm程度ですが、いったん全ネジ状に削り込みます。

 

本来はねじ切り用のバイトを使うべきなのですが、慎重に手とぎした姿バイトを使用しています。

 

この時点で、おねじが適正な形状、太さであることを確認しちゃいます。適切なサイズのおねじが切れたら・・・



おねじ部完成。

不要な部分のおねじ山を切り落とします。

 

さらに逃げ部分を削り落とします。ここはカッコよく切り上げで仕上げたいのですが、オリジナルパーツが逃げ加工されているので涙を飲んで(?)、逃げ加工をします。

 

まあ、突っ切りバイトで削り込むだけですが。このあと各部のC面を取ります。できるだけオリジナルに近いように。


穴あけ&めねじ切り。

いったん材料をトンボ(180度回して咥えなおす)して、ワイヤーが通る穴をあけ、さらにめねじを切ります。

 

めねじはちょうどいいサイズのタップをお借りできたのでそれをそのまま使用しています。

 

比較的硬い真鍮ですが、切削性がきわめてよいためこのような大径のタップもサクサク通ります。


完成。

できました。

 

並べてみても、ほぼ同じサイズ・形状でリプロダクトされていることがわかると思います。

 

このパーツはすでにオーナーの手に渡り、装着されています。元気に頑張ってくれい!

 

今回は材料入手を含めた「作業段取りの検討」がキモでした。そして想定した段取り通りに加工が進んだため、作っていても楽しい作業となりました。

 

この程度であれば・・・今回は手作業が多いので8,000円程度でお引き受けできます。

 

ではでは。


関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品