SR400にXL250Sの足を組むステムシャフトを作ってみようぜっ!

【スポンサード リンク】

SR400にXL250Sの足を組んでみようぜっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。

 

初めましていつも楽しく記事を見させてもらってる者です。 
APE100のステムシャフトの記事のように他車種のフロントを移植するための
ステムシャフトの制作をお願いしたいのですが大丈夫でしょうか?
車種はSR400にXL250Sの移植ですがおおよその金額も教えていただければ助かります。

 

おお、SR400にオフロードマシンの足を組むですって?これは面白そうだ、スクランブラーとかいうヤツですかね?
こんな面白そうなこと、ぜひお手伝いさせてください!数回のメールのやり取りの後、SRとXLのそれぞれのステムとトップブリッジを送って頂くことになりました。

 

まずはプレス(中華製・2万円台)でお預かりしたXL250Sのステムをばらします。このプレス、大活躍です。もうモトは取り尽くしたでしょう・・・。XL250Sのステムは完全な圧入ではなく、ボルトでクランプ止めしている仕組みです。ネジを緩めておけば容易に抜くことができます。

 

12t 門型油圧プレス機 ショッププレス 品質は値段相応ですが、それは使い方次第!

¥ 22,332

パーツ確認と検討。

ばらしたステムの部品を並べて構成検討します。

 

XL250SのミツマタのステムシャフトをSR400のシャフトに入れ替えるだけです。打ち込み部分の径が同じであれば抜き取ったSR400のステムシャフトを再利用して打ち込めばOKなのですが、今回はSR400のステムシャフトの方が打ち込み部分が太くその方法を採用することはできません。

 

また、ヤマハのステムシャフトはかなり深くまで溶接されていることが多く(小排気量車で顕著)、溶接を削りはがす手間を考えるとステムシャフトを削り出して打ち込む方が得策です。

 

どんなバイクもステムシャフトの構造はほとんど同じ、下から

 

  • ミツマタ下部
  • オイルシール
  • ベアリングレース
  • シャフト
  • ベアリングレース
  • ベアリングレース抑えナット
  • カバー・カラー
  • トップブリッジ
  • ワッシャ
  • ステムナット

 

という構造です。

 

今回は以下パーツ構成とし、それに合うようにステムシャフトを設計します。

 

  • ミツマタ下部・・・XL
  • オイルシール・・・SR
  • ベアリングレース・・・SR
  • シャフト・・・SR
  • ベアリングレース・・・SR
  • ベアリングレース抑えナット・・・SR
  • カバー・カラー・・・SR
  • トップブリッジ・・・XL
  • ワッシャ・・・XL
  • ステムナット・・・XL

 

ややこしいです。

 

この段階で矛盾(トップブリッジの穴径よりも上部ベアリングの内径が小さいとか)があれば、それを解消するような構成を検討します。カラーを入れるとか・・・今回は紙一重でそのような状態にはなりませんでした。




作図。

ということで、図面を引きます。

 

最近はもっぱらCADで図面を引いています。もちろん使うはフリーウエアの「鍋CAD」です。

 

一番上に掛かれているのがXLのアクスルシャフト。一番下に書かれているのがSR。

 

そして真ん中に書かれているのが、スペシャルステム用のステムシャフト!

 

採寸はノギスとマイクロメーターで行います。もちろん計測は精密に行いますが、特にしまりばめ(圧入部分)の2カ所、打ち込み部と下部ベアリング部は1~2/100mmレベルの計測が必要です。あと、ネジ部(2カ所)の幅もしっかり計測しましょう。M25のネジはM24.8くらいの太さ(細さ?)に削る必要があります。

 

ここで間違えるとすべてやり直しになりますから、くれぐれも慎重に。


【スポンサード リンク】


材料の選定と切断。

では、さっそく加工に入りましょう!

 

今回は7075を使用します。いわゆる超々ジュラルミンと言われる貴重な金属です。零戦の主翼桁に使用されたことでも有名ですね。その強度は折り紙つき、ですが切削性は良好です。腐食しやすい・・・のですが、まめに磨けばそれほど気になるほどではありません。アルマイト加工も可能ですね。

 

手ノコでは到底切断できるシロモノではありませんが、バンドソーを使用することで数分で切断することができます。


FL350Eの限界に挑戦!

この太さ、長さだとFL350E(もしくはC3シリーズ)ではちと手に余ります。

 

購入以来一度も使用したことのなかった固定振れ止めを初めて使用しました。これは材料となる丸棒の中間あたりを支えることができる道具です。材料と振れ止めは線接触しており、締めつげ具合に絶妙な手加減が必要です。ここにベアリングをはさむ方のいらっしゃいますが、切粉が絡むことを考えると標準の構成が正解な気がします。

 

十分にオイルを入れ、ゆっくりまわしつつ切削を行います。

 

・・・右側の切削面、ご覧になれますでしょうか?7075は切削面がテラッテラに光るんです~


削りが終わりました。

ネジ切り以外の加工が終わりました。

 

Gコードはどうやって起こしているのですか?というご質問を頂きました、基本的にはダイスホルダーを作ったときと同じ方式で生成しています。

 

根元のようなテーパー切削が簡単にできるのはCNCならではですね。

 

また、圧入部を仕上げるようなちょこっとした切削は長手送り方向のみCNCを使用し、前後送りについてはマイクロメーターを取り付けて手動でコントロールしています。あとはラッピングと組み合わせて、精度を1/100レベルまで近づけていきます。


ネジ切り準備。

ネジ切りを行います。

 

今回のネジは上部ベアリングの抑えナットと、ステムナット。それぞれM25のP1.0、M24のP1.0。ダイスを用意してもよいですが、それぞれ中華工具でも3,000円くらいしますので、あらゆるダイスを用意することはできません。せっかく旋盤を持っているのですから、バイトでネジを切ります。

 

FL350EのようなC3ベースの旋盤であれば、標準キットでもねじ切り用のギア一式が付属しています。マニュアルをよく見て、ギアを組み付けます。

 

あ、この時はCNCユニットは取り外します。ちょっとめんどくさいです。


ネジ切り。

青ニスを吹いてケガキを入れ、ネジを切ります。

 

ネジ切りの方法はまた今度詳しく解説しますね。段取りがメンドクサイだけで作業そのものは難しくありません。コツがあるとすると・・・

 

親ねじのバックラッシュを殺すこと。

具体的には、ネジを切り始める前に刃物台を左手で右側「ぐっ」と押し込めばOKです。

ネジ径よりも細く棒を削っておくこと。

具体的にはM24であれば23.8mmくらいにしておきます。

必ず対となるナットを用意してかみ合わせを確認すること。

やり直しは利きませんから、こまめにチェック!

 

特にポイント2をしくじっていると(太すぎてネジの角が立っている)、ポイント3の手ごたえを誤ります。まだキツイ・・・と思っているうちに削りすぎてしまいます。

 

この作業は主軸モーターは使用せず、手まわしハンドルを使用して主軸を回します。1回あたりの切り込みは0.05mm程度、作業時間は10分もかかりません。




カラー類の作成。

主たる作業のステムシャフトの製作は終わりましたので、付属物を作ります。

 

下側ベアリングのオイルシールがはまる部分が太くなっていますので、そこを埋めるカラー(ステムシャフトに圧入されます)と、トップブリッジ上下に隙間が空いたときのためのカラーを作ります。

 

厚さ5mmと薄いものでしたので、得意の(?)CNC削り出しで作ります。バックラッシュをきっちりソフトウエア側で吸収していますので内側の円は0.05mm以下の精度で真円を保っています。外周は面取りをかねて軽くさらって面をだします。


【スポンサード リンク】


完成。

ステムシャフトを圧入し、オイルシールカラーを圧入、オイルシールを組み付け、下部ベアリングリースを圧入すれば「SR400にXL250Sの足を組むスペシャルステム」の完成です!

 

あとはトップブリッジ回りの部品を組み付けて梱包、オーナーの元に送り出されます(ちょっとさみしい)。

 

オーナー様、組みあがったら写真見せてくださいね!

 

後日談

 

ハンドルの切れ角調整のご依頼を、追加で頂きました。
M8のボルトを埋め込み対応完了、オーナー様へ再送です!

 

お問い合わせは、お気軽にっ!

 



SR400にXL250Sの足を組むステムシャフトを作ってみようぜっ! 関連記事はこちら

テーパーインシュレーターを自作ってみようぜっ!

とあるSNSで、とある方からお声が掛かりました。・こういうの、誰か作れませんか-キャブとインテークポートの段差を解消したい-テーパー加工が必要ふむふむ・・・いろいろなRESがありました。旋盤を使ってテーパー加工しては?リューターで削る?などなど。ちょうど、別件でテーパー切削のテストをしていた私が「ウ...

≫続きを読む

SRX250のバックステッププレートを自作ってみようぜっ!

同じレースに出ているお友達からご依頼を頂きました。NS2仕様のSRX250用バックステッププレート。シンプルな一枚板構造、ベグやペダルは流用品を使うとのこと。補修パーツの入手などを考えたら、これが一番よいやり方かもしれませんね。すでに製作済パーツの予備ということで、そのオリジナルパーツを段ボールに写...

≫続きを読む

KAWASAKIのレア車のレアパーツをリプロダクトしてみようぜっ!

行きつけのバイクショップさんからご依頼を頂きました。オールドカワサキ(W3)のタコメータの取出し口が、壊れちゃったので削りだしてほしい、とのご依頼です。お預かりした部品を見ると、黒ずんでいるもののどうやら真鍮製の様子。このあたり、時代を感じますよね。ショップで海外のパーツショップを含めあちこち当たっ...

≫続きを読む

ホイールカラーをワンオフで自作してみようぜっ!

ご存知でしょうか、このサイトは各ページにメールフォームがついています。今回のご依頼はこのメールフォーム経由で頂きました。なになに・・・CB750Fのカスタムとな?私も以前やったことがあります、FBにFZR400Rの足をごっそり組み付けたっけ・・・懐かしいなあ。今回はリアホイールのコンバート用のカラー...

≫続きを読む

楽器のパーツを作りつつ旋盤の使い方を押さえてみようぜっ

おかげさまで毎日多くの皆様にご覧頂いております。加工依頼もたくさんのお問い合わせを頂きありがとうございます。ホント、サイト主冥利に尽きます!今回のご依頼は、楽器のパーツ。なにやら、弦楽器?に差し込んで足にするそうな。穴のサイズは16mm。中央がストッパー上に30mmまで広げたいそうです。うーん、16...

≫続きを読む

DIYアルマイトにチャレンジしてみようぜっ

今回はアルマイトにチャレンジです。今回はオーナーが手削りしたパーツにゴールドのアルマイトを掛けてほしいとの注文。もちろんお手伝いさせて頂きますよ!久しぶりのカラーアルマイトチャレンジしつつ、その作業工程をご紹介いたします。工程はこんな感じになります。油・汚れ落とし(5分)準備と結線(10分)電解処理...

≫続きを読む

SR400にXL250Sの足を組むステムシャフトを作ってみようぜっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。初めましていつも楽しく記事を見させてもらってる者です。 APE100のステムシャフトの記事のように他車種のフロントを移植するためのステムシャフトの制作をお願いしたいのですが大丈夫でしょうか?車種はSR400にXL250Sの移植ですがおおよその金額も教えていただけ...

≫続きを読む

パーツを量産してみようぜっ!

レース関連のお友達からのご依頼です。エンジン回りの某パーツ、取り外したあとのふたを作ってほしいとのリクエスト。はい、お安いご用ですよ。あれ、5個必要なのですね。了解、今回は5つ一気に量産しちゃいましょう!お預かりしたガスケットを計測し、主要部分(ボルト穴、ガスケット外径)の図面を起こしちゃいます。そ...

≫続きを読む

ちょっとした便利小物を作ってみようぜっ!

スクロールチャック。ミニ旋盤を使おう ①材料の固定でご説明した通り、本来は材料を旋盤で回すために使用する固定器具?です。が、意外と便利な別の利用方法があります。筆者の愛用している旋盤は寿貿易さんのFL350Eですから、そのスクロールチャックのサイズは標準で80mm、最大でも100mmです。ですが、筆...

≫続きを読む

ホイールを換装してみようぜっ!

はじめまして。アクスルシャフトの加工をお願い致します。加工内容は必要の長さにカットしていただき、端部ネジ加工です。加工用アクスルシャフトは新品2本用意してあります。簡単ですが画図を書きましたので、御連絡頂いたのち画像と詳細を送ります。それでは御連絡お待ちしております。サイトの下の方にある、「ご質問、...

≫続きを読む

油圧プレスでパーツを修正してみようぜっ!

あまり自宅においてるよ、という方を見かけない油圧プレス。その理由は大きくて邪魔重い高いでしょうか。ところが誤解なんです。「大きくて邪魔」と「重い」について、これについては旋盤とフライスを自宅に入れといていまさら何言ってるの!で論破(笑。私の狭い工作室にも押しこめる、ということでこんな汚い(失礼)画像...

≫続きを読む

バックステップ補修用パーツを作ってみようぜっ!

見てくれのバックステップではなく、あくまでもサーキット走行を前提としたバックステップ。一部のメーカーは、そんな無骨なパーツを作り続けてくれています。そういったメーカーのパーツはたとえ転倒しても粘る材質で作られているためにそうそう破損するものではありません、大抵はくにゃっと曲がる程度で済み、油圧プレス...

≫続きを読む

モックアップを使って現物合わせ!削り出しパーツをお届けっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。はじめまして、ホームページを拝見させて頂きメールさせて頂きました。BMW K100用にバックステップベースプレートを制作頂きたいのですが、依頼を受けて頂けるでしょうか?特に急いではおりませんので、そちらの都合のよい時で制作時期はお任せいたします。もし依頼をお受け...

≫続きを読む

アルマイト仕上げでクオリティの高いパーツを作ってみようぜっ!

mixiのメッセージ経由でご依頼を頂きました。Kowさん 製作見積もりお願いできますか。円柱でリアサスのアッパーカラーになります。数量2です。宜しくお願いいたします。図面を頂くとイメージが湧いてありがたいです。このあと一部寸法修正が入りましたが形状決定!こちらもご覧くださいませ。DIYアルマイトにチ...

≫続きを読む

ブ厚い塊からパーツを削り出すにはどうしたらいい?

本サイト下部のメールフォーム経由でご依頼を頂きました。そして今は、掲示板の常連さんです(笑今回のご依頼はとあるキャリパーサポートです。寸法概要を鍋CAD8で作図してお送り頂きました(ありがとうございます)。むむむ・・・大きいですねえ。厚みは28mmの指定です。ちと、問題が2つばかりございます。28m...

≫続きを読む

純正流用には加工が必須!グラインダーで削っちゃダメよのカラー加工

今回も本サイト下部のメールフォーム経由でご依頼を頂きました。当方、バイクのカラー等の「加工」を行ってくれるところを探しており、こちらのサイトを見つけた次第です。ご回答頂けると助かります。私の要望は、バイク部品の「加工」なのですが、1. 既存のカラー(純正品アクスルシャフトカラー。ツバがある形状の物)...

≫続きを読む

サイズギリギリ!分割加工で対処するXV1600の特大グリル

以前、ホイール周りのカスタムをお手伝いさせて頂いたXV1600のオーナー様よりメールを頂きました。こんばんは。本日、グリル延長分とリアマスターシリンダー変更用ブラケットの絵図が完成致しました。グリルの絵図は何じゃこりゃ!と思われると思いますので、グリルと絵図を本日宅急便にて発送致しました。グリルを見...

≫続きを読む

凄い突っ切りバイトを手に入れた!ディスタンスカラーを軽量化しよう。

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。ホイールのコンバートをしたいのですが、ディスタンスカラーをアルミにて作成していただける所を探していてここにたどり着きました。前後R1Zのホイールを流用予定しておりましてアクスルシャフト径が15mmから17mmに変更致しますので(フロント...

≫続きを読む

苦戦しました・・・。CB350exportのスペシャルタペットキャップを自作る!

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。はじめまして。アルミでタペットカバーを作って頂きたいのですが、可能でしょうか?この形状です。ご検討よろしくお願い申し上げます。CB350にかなりのこだわりを持たれている方からのご依頼。旧CB系のタペットキャップは750も含めて互換性があ...

≫続きを読む

フライスでシャフトを切る(旋盤が小さいんですもの)

行きつけのバイクショップの社長からのご依頼です。いわゆる「スペシャルパーツ系」フロントフォークの、アクスルシャフト。かなり肉薄のおそらくクロモリ製のシャフト、スペシャルフォークでよくありがちな構成で、左右ともオネジが切ってあり、それぞれジュラルミンのカラーがねじ込まれます。こいつの全長を左右で2.5...

≫続きを読む

分厚いアルミはワイヤーカット!外注さんを使って自作野郎ぜっ!

今日もメールでのご依頼を頂きました。作成するものはフロントフォークに組み付けるカラーのようなもの。C型の2つのパーツをボルトで締結するもので、構造としては、また形状としてもシンプルなものです。一見問題はないようですが・・・問題あるです。それは厚み。今回のご依頼は25㎜。以前経験がある厚みではあります...

≫続きを読む

て、手強い・・・畑違いにはノウハウがいるのですのコーヒーミル。

お問い合わせメールにて、ご依頼を頂きました。コーヒーミルのパーツだそうです。図面を引かれたということで、さっそくそれら図面を頂きました。ふむふむ・・・基本的には8㎜前後の丸棒の加工、それほど難易度は高くないかな?と思ったのですが・・・当初ご依頼はステンレスであったのですが、加工容易性を考えてアルミ合...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP