チェック。

面精度を確認します。

 

ミニ旋盤を使いこなす本」でも記述されていますが、旋盤の構造上、上記の方法で切削を行なうとわずかに面の中央が凹むそうです。しかし、実際にはシリンダーヘッドが要求する面精度はクリアされていました。ちなみにその要求値はエンジンのサービスマニュアルに記載されています。

 

今回はシクネスゲージが入らない程度でしたので事実上平面と宣言致します(?)



完成。

完成完成!

 

やっぱりうれしいですね!うまく機能してくれるかな?さーてバイク屋さんに納品(?)だ!



装着。

装着中の図です。

 

組み付けるはバイクのオーナーさんであります。なんと本職のメカニックさん、というよりバイク屋の社長さんというか・・・。



装着完了!

装着完了の図です。

 

悲しいかな加工箇所はまったく見えません。完全ノーマル宣言状態です。

 

インプレッションは後日、乞うご期待!(続くのだ)



インプレッション。

オーナー曰く・・・

 

「仕上がりを見て 満足 !エンジン上部のOHのついでにと思って面研を施してもらい 乗車フィーリングも向上、バイクでの 通勤が毎日 楽しくて・・・! ただ ちょっと スピードが・・・!!通勤 サーキットラン 耐久草レースの ハードな使用にもかかわらず6ヶ月間 トラブル知らず」

 

との事です。うまくいったようでよかったです。しかしカッコイイなあ!無事、完了です。



関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品