趣味のフライス盤の選び方

筆者があれだけ「フライス盤 初歩の初歩」で脅しを掛けたにも関わらず(笑)、このページを開くということは

 

覚悟を決めた

 

ということでよろしいですね?!よろしい。ならば購入だ。

 

このページではいわゆる「業務用」「本職用」のフライス盤を購入「しない」方を対象にしてます。業務用フライス盤は200V電源当たり前ですし、一番小さいといわれる0番フライスでも

 

  • 必要床スペース:奥行1m、幅2m
  • 重量:650kg

 

なんてものばかりでして、到底自宅で、とか自室で、なんていうことは困難です(いや、やっている方もいる!)。

 

ここで対象とするフライス盤は

 

  • 必要床スペース:奥行1m、幅1m程度
  • 重量:最大でも100kg程度

 

とターゲットとし、あくまでも趣味のフライス盤、をテーマとしております。
(でも、趣味で0番フライス持っている(しかも複数台)方もたくさんいらっしゃるんですよね・・・)



アマチュアが選べるフライス盤

我々が選択しうる現実的なフライス盤は、以下の3種類です。

 

  1. ウルトラマイクロフライス盤
  2. マイクロフライス盤
  3. ミニフライス盤

 

名称は正式なものはありません、筆者がかなりてきとーに付けた名称です。

 

これもまた難しいのですが、それぞれの種類毎に得手・不得手があり、またそれは使い手にかなりの割合で依存します。

 

どういうこと?

 

具体的には、筆者が愛用しているベルメックスX-1は、あるエリアのユーザーには熱狂的な支持を受けています。しかし、X-1ないしその同型機を購入したもののすぐに手放して上位機種を購入する方もいるのです。

 

大切なことは「自分がフライス盤を欲しいと思った目的」「自分に課せられた条件」を熟考して、種類を選ぶということ。

 

それが近道です。決して安価ではないフライス盤、買い直すコストでツールを揃えたいですものね。

 

では、具体的に見ていきましょう。


ウルトラマイクロフライス盤

プロクソン No.16000

最も安価で誰でも一度は購入を考える「卓上フライス」。

 

これを「ウルトラマイクロフライス盤」と呼ぶことにしましょう。求めるものは

 

重量は10kg程度、サイズは手で抱えられるくらい。

設置に大げさな場所を必要とせず、普段は仕舞いこんでおいて使う時だけ取り出したい、とか。

 

てな感じでしょうか。まずはメリットから。

 

とにかくコンパクト
とにかく安い
完成度は高い

 

逆に言えばこのメリット3つがあなたにとって「絶対に譲れないもの」であるならば、選択肢はこの機種(もしくは類似製品)しか、ありません。

 

加工できる材料のサイズはいいところ手のひらサイズ、10cm四方程度です。したがって用途が限られます、このウルトラマイクロフライス盤でバイクのパーツを作ることは困難・・・いや、不可能です。向いていると思われる用途は

 

  • 実験機材・機械の作成
  • ロボットの作成
  • 鉄道模型パーツの作成

 

などでしょうか。

 

これらの用途であれば、十分威力を発揮すると思います。

 

この種類に含まれるフライス盤の具体的な機種及び詳細は「旋盤wiki」にまとめてありますので、ご参照ください。

 

自作系 旋盤・フライス・CNC Wikiへリンク:ウルトラマイクロフライス

 



マイクロフライス盤

ベルメックス X-1

次に紹介するのは少しだけ本格的な、「マイクロフライス盤」。

 

重量は40kg程度、工作スペースを確保し、常設で設置できる人向け。

フライスそのものを楽しむより、実用を意識する人向け。

 

てな感じでしょうか。まずはメリットから。

 

バイクのパーツくらいなら余裕で作れる実用性
豊富なアクセサリ
多少の改造で化ける

 

ただしツルシで使うことを考えると、いろいろ辛いこともあるかな・・・改造前提であれば大お勧め、まさに自作野郎のためにあるような機械です。

 

加工できる材料のサイズはそこそこ大きい、15cm×30cmcmくらいでしょうか。ある程度の機械部品であれば十分加工する事ができます。例えば

 

  • バイクのパーツ製作
  • 旋盤・フライスの改造パーツ製作

 

などでしょうか。

 

ただ、このクラスのマシンには致命的な欠点があります。それは「サイズと剛性のバランスが取れていない」ことにあります。特に中華系のフライスは剛性が低く、鉄が相手の場合1回の切り込みが0.2mm程度でないとブレてガタガタになるなんてザラなんです。わずか1mm削るために5回の繰り返し作業、これはかなりてこずります。

 

それを一気に解消するのが「CNC化」です。なにしろ自動切削ですから、0.1mmを何十回繰り返しても楽ちんです。そうです、マイクロフライス盤はCNC化で飛躍的に生まれ変わります。

 

この種類に含まれるフライス盤の具体的な機種及び詳細は「旋盤wiki」にまとめてありますので、ご参照ください。

 

自作系 旋盤・フライス・CNC Wikiへリンク:マイクロフライス盤

 



ミニフライス盤。

X-3

ずいぶん大きくなりました、「ミニフライス盤」。

 

重量は80kg程度、出来ればガレージクラスの作業場が欲しい。

一生フライスを触って生きていく覚悟がある人向け。

 

てな感じ。まずはメリットから。

 

十分パワーのあるモーター、550W
大きなテーブルで大型パーツも加工可能
主軸がMT3なので本格的なアクセサリが使える

 

ただこのクラスにもレベル差があり、恐らく上位に位置するX-3であれば、いわゆる「自作野郎」にとって何ら問題はないはずです。

 

恐らくバイクをいじることを前提とするならば、作りたいパーツはすべてコイツが生み出してくれることでしょう。あなたが乗っているバイクがシングルエンジンであれば、内燃機加工すら可能かもしれません。

 

広いテーブルと強力なモーター、幅広いテーブルとツルシで十分な構成です。そして何よりもうれしいのがこのクラスに装備されている「ぶっとい角型Z軸ポール」。フライスで最も大切な精度は、このZ軸次第なんです。

 

この種類に含まれるフライス盤の具体的な機種及び詳細は「旋盤wiki」にまとめてありますので、ご参照ください。

 

自作系 旋盤・フライス・CNC Wikiへリンク:マイクロフライス盤

 

  1. X-2 -- ヤフオクで見かける割にはショップで見かけない、怪しいやつ。
  2. X-3 -- 自作野郎のド本命。君に夢中。コイツなら、ずっとやっていける・・・がしかし。


あなたに最適のフライス盤とは

ここ10年くらいで個人向けの工作機械がずいぶん身近になりました。

 

値段も種類も多く、目移りしてしまうのではと思います。我々の懐も無限ではありませんので、どうしても小さくて軽くて安いマシンに手が伸びてしまいますが、先にも書いた通り機械の得手・不得手に合わない加工を使用とするとそれは不幸の始まり、金属加工が楽しくなくなってしまいます。

 

このあたりの情報があまりに少ないため、旋盤wikiと本ページを作成しました。

 

僅かでも、「これからフライス盤」の皆様のお力になれればと思います。お読みいただいてありがとうございました。

 

ご質問・ご意見・クレーム(?)等ありましたら、ぜひ下のメールフォームからお気軽にお声掛けください。

 

それではまた!

関連記事

自作野郎bot
筆者お勧めの逸品