サイクロン分離機(ストレートサイクロン)を作ってみようぜっ!②試験運用

【スポンサード リンク】


では、使ってみましょう!仕様前。

ではでは、実験君です。実際にお掃除してみましょう。

 

ターゲットは当然私の工房、すさまじい切り粉とこのサイクロン分離機を作成した結果発生した厄介な塩ビ粉、木材の粉まで散らばっています。

 

まず、お掃除前の紙パックの様子を。

 

この通り殆ど空の状態です。新品を用意すればよかったのですが手元になく少々汚い状態です、申し訳ありません。


使用後・・・

はい、お掃除をした後のサイクロン分離機の中です。

 

金属の切り粉、塩ビ粉木片ボルトまで綺麗に吸い取られています。吸引力はなかなかのものです。

 

うん、ココまではOKOK。



サイクローン。

サイクロン部アップです。

 

あえて、ダクトのようにパイプをそのまま突き出してあります。円筒に沿って整形したほうがよいのかこの形状がよいのか、どちらなのでしょう?

 

どちら、といえば右回転左回転どちらがよかったのだろうか・・・地球の自転によるコリオリ力は関係あるのだろうか・・・

 

粉状のゴミは多少内壁にへばりついちゃってますね。


大成功。

そして問題の紙パックの中は??

 

素晴らしい、お掃除前の画像を間違えて貼り付けてしまったかと思うくらい、まったくゴミが流入していません(画像は間違いなくお掃除後の状態です)。信じがたいのですが、この時点で両手にいっぱい位のゴミを吸引したあとなのです。

 

目視で確認する限り完璧に分離されています、これは凄い。

 

大成功、で完成ですっ。


まとめ。

以上、あっさり3,000円の投資と数時間の作業であっという間に想像以上の性能のサイクロン分離機を手に入れることができました。

 

例によって多くの先輩方のサイトを参考にさせて頂いております。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 

さて、私のサイクロン分離機には特徴がひとつだけあります。それは「コーンがない」ことです。

 

サイクロン分離機にはつきものと思われるコーンですが、対象物が比較的重い金属中心であること、分離筒の長さが比較的大きく取れること、作成しやすさを追及したことなどから今回はあえてのストレート構造としてみました。

 

現在使用している限りでは、問題のない性能を発揮しています。

 

もし、これから試してみようと思われる方がいらっしゃいましたら、ストレート構造も選択肢の一つとして検討してみては如何でしょうか。



【スポンサード リンク】

よく読まれています!



サイクロン分離機(ストレートサイクロン)を作ってみようぜっ!②試験運用 関連記事はこちら

サイクロン分離機(ストレートサイクロン)を作ってみようぜっ!①製作

使用するのは水道管関連部品ばかりです。購入したのは以下のパーツです。・10cm径塩ビ水道管1m・10cm径キャップ(底に使用)・ネジ止め水密蓋ユニット(天板に使用)・10cm径ソケット(雌雌ジョイント)(サイクロンユニットに使用)・3cm径塩ビ水道管50cm×2うれしくて作り始めてしまったので、パー...

≫続きを読む

サイクロン分離機(ストレートサイクロン)を作ってみようぜっ!②試験運用

ではでは、実験君です。実際にお掃除してみましょう。ターゲットは当然私の工房、すさまじい切り粉とこのサイクロン分離機を作成した結果発生した厄介な塩ビ粉、木材の粉まで散らばっています。まず、お掃除前の紙パックの様子を。この通り殆ど空の状態です。新品を用意すればよかったのですが手元になく少々汚い状態です、...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP