趣味のミニフライス 応用的な使い方

【スポンサード リンク】


趣味のミニフライス 応用的な使い方

さあ、応用編です!

 

フライスを使ってみると、「意外と綺麗に削ることが難しい・・・」ことに気付かれると思います。

 

旋盤(も、もちろん難しいのですが)と比較してフライスはいろいろな切削条件が複雑に絡み合いますから、ビシッと美しく仕上げるのは至難の技です。

 

どうしても試行錯誤が絡んでしまう、そんなことに時間を掛けて頂きたくはないため、拙いものではありますが筆者のノウハウをさらけ出させて頂こうと考えております!

 

このページは、すべて事例込でのご紹介となります。他の記事と一部重複致しますが、その点はご容赦頂けますようよろしくお願いいたします。

 

ではでは。



趣味のミニフライス 応用的な使い方記事一覧

CNC:側刃を使った仕上げ切削の簡単なやり方

薄い板材を削るときであればまだしも、やはり厚みのある板材を切り出すときに気になるのが「側刃の切れ味」です。CNCフライスを使用する際、1回あたりの掘り込みは0.5mm程度です。これを何度も何度も繰り返して削りますから、フライス盤の剛性が弱ければ0.5mmの地層が重なったような見栄えになることもありま...

≫続きを読む

お勧めの参考書はこちら

【スポンサード リンク】

よく読まれています!

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP