ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!①いきなり完成

【スポンサード リンク】


前置き長いですが本文短いよ。

とにかく主軸が逆転できればいいんです。

 

そうすれば、チャックにタップを付けたまま沢山のネジを連続して切ることができるわけです。取り合えずこんな図面を引いて。


シミュレーション。

こんな感じで切り出すことにします。

 

ここまで30分。



組み付け。

いきなり装着されています(途中経過をすさまじく省略)。

 

ハンドルは12mmの2017丸棒です。フリーで動くようになっています。主軸プーリーにがっちり結合されており、適切な寸法(偶然?)によりベルトカバーを閉めることもできます。


部材をセットしチャックに8mmのタップを咥え、下穴にタッピンググリスを十分刷り込みます。

 

右手で主軸を下げて左手でスイッチオン!シュルシュルとネジが切られます。切り終わったらすばやくスイッチオフ、今回作ったハンドルをぐるぐる回しタップを抜きます。うん、これは早いぞナイス生産性!


終わりかよ!

ちなみに、ねじ切り途中で止まってしまったら(8mmだとしばしば止まります)、あわてずスイッチを切り、ハンドルを2回ほど逆回転させてからリトライすればOK。

 

これくらいの大量穴あけも楽チン、楽チン。




 

【スポンサード リンク】

よく読まれています!



ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!①いきなり完成 関連記事はこちら

ボール盤をタッパーにしてみようぜっ!①いきなり完成

とにかく主軸が逆転できればいいんです。そうすれば、チャックにタップを付けたまま沢山のネジを連続して切ることができるわけです。取り合えずこんな図面を引いて。

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP