オリジナルバックステップを自作してみようぜっ!①設計~モックアップ

【スポンサード リンク】


例によって設計から。

いつもどおりCADのお世話になります。
中央右の円がノーマルステップポジション、その右上が今回作成するステップポジションとなります。

 

50mmバック、55mmアップ。これをさらに10mmずつ上下前後に移動できるようにプレートを分割します。これが4ポジションの仕組み。ですが・・・ここで致命的な過ちを犯していますね~(わかりますか?)


シミュレーション。

そして切削ツールとパスの検討。

 

前回うまく行った「面取り」を多用してみました。ペダル作るときにはテーパー上に面取りを入れてみようかな。



4ポジション。

使用する材料は2017Sの10mm板材を想定しています。

 

10mmで強度が保てるか少々不安ですがなんたってこいつはレーサー、軽量化も大事ですからね・・・まずは10mmで作って実際に装着してみて、必要があれば15mmに厚みをアップしましょう。


モックアップ作成。

で、まずは試作。

 

目的パスの確認と削りあがった部品の形状チェックです。当然、トライ&エラーになりますから高価な2017Sは使えません。個々は思いっきりチープに「木」で試し削り。

 

切削条件は本番と同条件(切り込み0.5mm、送り300mm/分)で削ります。


モックできました。

切削パスと面取りパス(手動ツールチェンジャー使用!)あわせて、この一枚で2時間弱掛かります。

 

当たり前ですが、2つ前の画像(ツールパス確認画面)とまったく同じように削れるんです。脳内イメージがいきなり実体化するこの瞬間、なんとも不思議な感覚です。



これは楽しい。

バリがすごいですがまあ、刃物も切削条件も木材用ではないですからしかたないですよね。カッターと紙やすりでこちょこちょすればこんなに綺麗になります。

 

わくわくしてきた!


モック組み立て。

ステップバーとペダルを手持ちのダブルアールズバトルステップから借用して組み立てる!

 

おお、なかなかカッコいいんじゃないですか??ベースプレートを作り変えれば各車種対応できる、ということもたくらんでいます。現時点でバックオーダー3車種(TRX、ZZR1100D、CBR250(単気筒)!!

 

実際に車体に装着してみましょうか。

 

はい、そして「致命的な過ち」。ステップ側プレートのボルト穴の位置を間違えていて、2ポジション(前後)にしか微調整することができません。

 

こういうことがあるから、木での試作が必要なわけです(私が抜けてるだけ)。図面を修正しました。


ヒールプレート。

ヒールプレートはこんな感じかな?

 

適当に穴を間引いてみました。

 

ドリリングがストイックに決まっているか、大きさはどうか。実際に削ってみないと、図面上では装着時の干渉やバランス(ルックスも大事)まではわかりません。

 

だから、木での試作が必(略



【スポンサード リンク】

よく読まれています!



オリジナルバックステップを自作してみようぜっ!①設計~モックアップ 関連記事はこちら

オリジナルバックステップを自作してみようぜっ!①設計~モックアップ

いつもどおりCADのお世話になります。中央右の円がノーマルステップポジション、その右上が今回作成するステップポジションとなります。50mmバック、55mmアップ。これをさらに10mmずつ上下前後に移動できるようにプレートを分割します。これが4ポジションの仕組み。ですが・・・ここで致命的な過ちを犯して...

≫続きを読む

オリジナルバックステップを自作してみようぜっ!②切削

設計をちょいちょいといじり実現した9ポジションも作ってみます。なんといいますか、どことなく変態チックです。でもポジションは大事、これくらい自由度が高いとコースでもいろいろ試せそうです。そろそろ図面も出揃ったのでとりあえず左側のパーツを切り出してみましょうか。

≫続きを読む

オリジナルバックステップを自作してみようぜっ!③装着

ということで完成!です。シフト側の装着はリンクロッドの延長が必要です。手持ちの6角棒を使用して暫定延長ロッドを作成。最終的にはロッドももうちょっとかっこよく作りますがまずはこのままコースに持ち込みます。ノーマルのガタガタのべダルと比較して(年代モノですからね)、ベアリング2つで挟み込んだべダルはペグ...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP