趣味のミニフライス 基本的な使い方

【スポンサード リンク】


ミニ旋盤 基本的な使い方

さーて設置も完了!

 

さっそく使ってみる!となるのですが、これがまたなかなかムズカシイ。

 

ボール盤のようでボール盤じゃない。旋盤よりもなんか複雑そう。

 

と、いうことで使ってみよう編では主にフライス初めの一歩として、基本的な使い方をご紹介致します。

 

もちろんサンプルは我が愛機「ベルメックスX-1」。ただし、どーも私の頭が悪いのか、使い方がわかっていないのかどうしてもつじつまの合わないところが存在します・・・

 

それも含めてのご紹介となりますので、「おいおいわかってねーな」とお気づきの方、ご指摘頂ければ幸いです。

 

とりあえず私はこのように使ってます、ということで。いってみましょうか!

 

フライスをまだ購入されていない方は、こちらもご覧くださいませ。



趣味のミニフライス 基本的な使い方記事一覧

ミニフライスを使おう ①エンドミルの取り付け

とりあえずフライスは切削機、ということは刃物が登場します。こいつがそのフライスで使用する刃物のひとつ、エンドミルです(これは10mmです)。ドリルに似ていますがちと違います。これを装着するのですが・・・まあ、見た目がボール盤に似てるからドリルチャックみたいなのがあるんだろうと探してみると。

≫続きを読む

ミニフライスを使おう ②エンドミルの取り外し

楽しい(?)切削が完了しました。ホント、フライスはまた旋盤とは違った楽しさがあります。夢中になって削っているうちにほら、忘れてやいませんか?そう、あんなにギッチリと締めつけてしまったエンドミル、外せるのかしらん・・・とりあえずピンスパナをクイルに先ほどとは逆にかまし・・・

≫続きを読む

お勧めの参考書はこちら

【スポンサード リンク】

よく読まれています!

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP