ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!①フォーク&仮サポート作成

【スポンサード リンク】


と、いうことで。

ということで、一発実験をしてみます。一枚板方式のサポートを作成し、コースやツーリングで使い倒してその結果を確認します。

 

パッドが変磨耗したり、ブレーキを引きずるようになったら(サポートが歪んだと判断します)、この試みは失敗です。なんともなければ私の勝ちです(?)。

 

この構造なら、キャリパー変えてもホイール変えてもすぐ対応できます。カラーと単なる板で構成されますから、加工は簡単。

 

でも一枚板タイプのキャリパーサポートを許さない事情があるのです。

 

特にKawasaki車。このようにキャリパー取り付け部の形状が特徴的で、一枚板タイプのサポートの装着を拒んでおります。一枚板タイプのサポートはキャリパー、アウターチューブともに外側から保持しますから、この難物をフライス処理し平面を出さないといけないのです。


アウターチューブを加工。

ということでいつものとおりX-1でゴリゴリ。

 

ここで出す平面の精度がそのままキャリパーの取り付け精度に影響します。私はキャリパーを取り付ける座面を基準に水平を出しました。

 

もちろんフライスの整備、コラムの垂直出しが完全であることが前提となります。



アウター加工完了。

こんな感じになります。

 

これは切削後にドレメルで研磨した状態です。本当は再塗装まで持っていきたいのですが、いつやり直しになるかわかりませんのでひと通りすべての加工が完了してからお化粧します。

 

ちなみにすでに取り付け穴はヘリサートが埋め込まれています。フライス加工のときにフォークを支持する際にも役に立ちました。このヘリサートを使用してフォークを適当なアルミ板に締め付け(座面は本来キャリパーが装着されるべき箇所なので平行が保障される)、そのアルミ板を平行なカラーを介してクロステーブルにクランプ。

 

実際、ここにヘリサート入れることを思いつくまで相当考え込みました。どうやってフライスのクロステーブルに固定するんだって・・・風呂は入ってるときにひらめきました。はい。


実験用サポート。

次に厚さ10mmの2017を切り出し、サポート本体(仮)を作成します。

 

切り出すだけなら一瞬(バンドソーを使います)です、あとは精密に採寸し、穴あけをしましょう。

 

こいつもいつボツになるかわかりませんから、外周切削は手をつけません。一枚は厚さ7mmで作ってみましたが、チャレンジャーな気持ちになるくらい薄いのでボツにしました。ちなみに手元にある市販のサポートは厚さ10mmです。


(仮)の仮組み。

ここで工作室(ただの部屋だって)を出て、車体に加工したパーツ群を組み付けます。

 

せっかくですからフォークはオーバーホールです。そしてサポート(というかただの穴あき板)を組み付けます。

 

そしてキャリパーとサポートのクリアランスを精密に計測し・・・



カラー。

カラーを作成します。

 

うーん、やっぱり旋盤って好き。直径20.0mmで長さは16.5mm、きっちり1/40mm精度まで追いかけます。


カラー・・・。

4つも作るのはけっこう大変です。

 

今回は量産?体制で一気に作成。


カラー!

数回に分けて穴を拡大します。



カラー完成。

完成です。

 

くどいようですがいつこのカラーもボツになるか知れたものではありませんので、鏡面研磨なんて一切しません。


【スポンサード リンク】

よく読まれています!



ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!①フォーク&仮サポート作成 関連記事はこちら

ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!①フォーク&仮サポート作成

ということで、一発実験をしてみます。一枚板方式のサポートを作成し、コースやツーリングで使い倒してその結果を確認します。パッドが変磨耗したり、ブレーキを引きずるようになったら(サポートが歪んだと判断します)、この試みは失敗です。なんともなければ私の勝ちです(?)。この構造なら、キャリパー変えてもホイー...

≫続きを読む

ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!②プロトタイプ完成

もういちど表にでて、カラーを合わせます。とりあえず及第点の加工精度がでた模様。

≫続きを読む

ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!③完成

はいっ!完成しましたっ!いや、実際にCNCで切削してますから見てるしかないのです。とても楽ですがとてもヒマです、さすがに出かけちゃうわけには行きませんし。これら2つのサポートを削りだすのにのべ12時間掛かっています。ね、思ったより時間が掛かるでしょ。これにアルマイトを掛ければベストなのですが、今回は...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP