ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!③完成

【スポンサード リンク】


できたっ!

はいっ!完成しましたっ!

 

いや、実際にCNCで切削してますから見てるしかないのです。とても楽ですがとてもヒマです、さすがに出かけちゃうわけには行きませんし。

 

これら2つのサポートを削りだすのにのべ12時間掛かっています。

 

ね、思ったより時間が掛かるでしょ。これにアルマイトを掛ければベストなのですが、今回はクリアを吹くことにしましょう。


組み付け。

そして組み付けです。

 

さすが、CADで図面を引いてコンピュータ制御で切削しただけのことはあり、寸法面ではパーフェクトなできばえです。見た目もちょいゴツ、ちょいハデでこれくらいがいいところではないでしょうか?



大団円。

あとはボトムケースのお色直しですがこれは今度手が空いたときに実施しましょう。

 

これにて終了、お疲れさまでした。毎度のお付き合い、本当にありがとうございます。ご質問ありましたら遠慮なくメールください。お待ちしております。




【スポンサード リンク】

よく読まれています!



ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!③完成 関連記事はこちら

ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!①フォーク&仮サポート作成

ということで、一発実験をしてみます。一枚板方式のサポートを作成し、コースやツーリングで使い倒してその結果を確認します。パッドが変磨耗したり、ブレーキを引きずるようになったら(サポートが歪んだと判断します)、この試みは失敗です。なんともなければ私の勝ちです(?)。この構造なら、キャリパー変えてもホイー...

≫続きを読む

ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!②プロトタイプ完成

もういちど表にでて、カラーを合わせます。とりあえず及第点の加工精度がでた模様。

≫続きを読む

ブレーキキャリパーサポートを自作ってみようぜっ!③完成

はいっ!完成しましたっ!いや、実際にCNCで切削してますから見てるしかないのです。とても楽ですがとてもヒマです、さすがに出かけちゃうわけには行きませんし。これら2つのサポートを削りだすのにのべ12時間掛かっています。ね、思ったより時間が掛かるでしょ。これにアルマイトを掛ければベストなのですが、今回は...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP