80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!③ハンドル

【スポンサード リンク】


ハイプハン。

私、セパレートハンドル派です。

 

今回もできればセパレートハンドルで行きたかったのですが、なにしろ9Rの正立フォークは46mmという超極太。適合するセパハンは非常に高価ですので、ここは逆を狙ってスーパーチープに攻めてみます。

 

とはいえ、いろいろ手間も掛かるのですが・・・

 

某オークションで購入したハンドルがなんと210円。新品(!)。

 

同じくオークションで購入したこれはなんだろう、えーと、バリオス用のハンドルブラケットですね。1,500円。


ハンドルブラケット穴加工。

ハンドルが正しくついていないと気分が悪いので、CCNCをプロッタ代わりに使用、センタドリルを使用してポンチ打ち(?)

 

ボール盤で穴開けて、念のためヘリサートでネジ穴を強化して



組み合わせます。

組み合わせるとこの通り。1,800円には見えないでしょ?色がちょっとアレで悩みますが、まあ安いのでよいでしょう、どうせセットアップを進めるうちにハンドルは交換することになるでしょうから。

 

今週末に車体と組み合わせます。うん、順調、順調。

 

ブレーキは何にしようかな、4パッドのブレンボが好きなんですが、ちょっと高いですね~


装着。

作成したアップハンキット?を装着します。

 

とにかくハンドルまわりは配線が大変、またこのように古いマシンのレストアだと、コードが汚いんですよね・・・

 

うーん、クラッチまわりも相当へたってるなあ、アッセンブリで何かのと交換しないとダメみたいですね。


上から。

とか何とか言いながら、装着完了。

 

うん、前後の位置はこんなもんだろう。



横から。

いろんな角度から何枚か。


斜め前から。

高さはどうでしょう、ちょっと高いかな~

 

好みとしては、アップハンなんだけど実は以外と低いのね、というあたり。

 

でも跨って掴んでみると楽は楽ですね。


ハンドル、とりあえずOK。

うん、とりあえずしばらくはこれで行きましょう!

 

ハンドルバーのみならずグリップまで赤いのは何かの間違い、すぐ取り替えますっ!

 

さてさて次回のお題は? ハンドル以外の「ハンドルまわり」です。ブレーキや配線や・・・RXならではの意外な伏兵あり。乞うご期待。



【スポンサード リンク】

よく読まれています!



80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!③ハンドル 関連記事はこちら

80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!①フロントホイール&...

GPX1000RX。忍者の後継であり忍者より短命。スペックの全てにおいて忍者を凌駕し乗り手によってはそのスタイリングすら忍者よりも魅力的、と言わしめる、私もそれに同意する一人です。かの有名なオレンジRXの遣い手、松田選手を例に挙げるまでもなくRXを愛するライダーはなお多く、ある意味においては忍者より...

≫続きを読む

80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!②ステムシャフト打ち換え

フロントまわりの換装には、ステムの加工もしくは交換が必須です。まあ、たまたま適合する場合もあるのですが・・・今回は素敵なくらい適合しないのでシャフトを打ち換えます。はい、思い切ってここで油圧プレスを購入してしまいます。なんとコレ、新品で1万円ちょっとなのです。ホントに大丈夫??

≫続きを読む

80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!③ハンドル

私、セパレートハンドル派です。今回もできればセパレートハンドルで行きたかったのですが、なにしろ9Rの正立フォークは46mmという超極太。適合するセパハンは非常に高価ですので、ここは逆を狙ってスーパーチープに攻めてみます。とはいえ、いろいろ手間も掛かるのですが・・・某オークションで購入したハンドルがな...

≫続きを読む

80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!④フロント周り小物

コレが伏兵、赤い丸の中。なんだかわかりますか?なんとこれ、イグニッションコイルなんです。ええーっ、君、なんでこんなトコにいるの?普通キミの居場所はタンクの下だよね・・・どうもハンドル切れない、何かに引っかかってるなと思ったら。

≫続きを読む

80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!⑤フェンダー

なんか足りないと思ってました、フロントフェンダーがなかったのですね。リアはフェンダーレスなんてものもありますが、フロントはレスでは具合が悪い、ということで何か探しましょう。ZRX1100のフェンダーがシンプルでカッコいいんだよな、と思って探していたところ見つけたのがこれ、ZRX400の傷モノ新品。な...

≫続きを読む

80'sマシンをレストア&カスタマイズしてみようぜっ!⑥キャリパーフィッティング...

なんだコレは。ええ、程度の悪いMOSを手に入れてしまいました。左右で8,000円という格安ぶり。格安だけあって程度はアレです、キャップのアルマイトは退色しちゃってますがどうせ自分で再アルマイト掛ければよいので気にしない。持ってみるとかなり軽いです。ピストンが小さいようで、用意しているマスターシリンダ...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP