浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!⑤完成

【スポンサード リンク】


仕上げ。

最後の仕上げです。

 

安直にディスクグラインダの研磨用ディスクを装着。60番⇒80番⇒120番、そして・・・


まあまあの映り込みかな?

最後の手磨きでとりあえずこの仕上がり。

 

使うのはいつものネバダル!ネバだる。



完成。

長々とレポートさせて頂きました浮き上がり防止バイスのようなもの、ついに完成です。

 

双子バイスという形でつくりました、長モノの加工で威力を発揮することと思います・・・時間は掛かりましたがとりあえず実用に耐えうるものにはなった、と。

 

今回の加工はある意味現段階のX-1での限界かな、と感じています。もっと削りやすい部材を使う、マシンにもうひと手間加える、などの努力をすればその限界はまだあがるとは思いますケド。


さてお次は。

さて、そろそろGPZ1000RXのレストアを再開しようかな。
それともSDRのステムワンオフ?

 

そのための「浮き上がり防止バイス」作成だったのですから!

 

本項、クローズです!




【スポンサード リンク】

よく読まれています!



浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!⑤完成 関連記事はこちら

浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!①下ごしらえ(と失敗)

オークションにて格安で手に入れたSS400の磨き材。こいつを使用して、精密バイスを作製します。オリジナルのX-1ではちと手に余る相手ですが、ビッグヘッド君ではどうなることやら。どうなることやらといえば、バイスをナマ材で作っていいのだろうか?普通はSC(炭素鋼)ですよね。

≫続きを読む

浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!②基本パーツ

とはいえ作業風景は変わりません。変わりませんが、部材の設置から位置出しを慎重に(正しいツールを使用して)実施するだけで工作成果は大きく変わってきます。そしてもちろんボールスクリュー化された愛機X-1CNC-BigHead-Ball screw ver.(長い)、バックラッシュは極小、テーブル動作も滑...

≫続きを読む

浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!③浮き上がり防止機構

アゴ加工のトリはピストンピン・・・じゃないや、これなんていうんでしょう、アゴピン?の貫通穴加工です。X-1はこのクラスのマシンとしては珍しく最大M10の直装コレットが標準装備されていますが、今回開けたいのは12mmなので残念ながらドリルチャックでの保持となります(ちなみに我が家のボール盤&私の腕では...

≫続きを読む

浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!④試運転と6面研削

バイスを固定するクランプ?を作ります。手持ちの部材に、なぜかカドが楕円状になっているデンスバーがありますのでこの楕円を利用してクランプを作成します。最近手に入れた、10mmのスローアウェイエンドミルで4つ一気に削りだします。このスローアウェイエンドミル、少々使い方にコツが必要ですがなかなかの切れ味と...

≫続きを読む

浮き上がり防止バイスを作ってみようぜっ!⑤完成

最後の仕上げです。安直にディスクグラインダの研磨用ディスクを装着。60番⇒80番⇒120番、そして・・・

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP