GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!①ダウンチューブ上部着手

【スポンサード リンク】


まずはダウンチューブから。

まずは中古パーツをあさります。

 

なんと100円で落札できたZX10(古い方よ)のダウンチューブを使用してエンジンを支えることにしましょう。
仮組してみます・・・。なんとなく、装着できちゃいそうな。

 

マフラー、ラジエター&オイルクーラー、ウォーターパイプを取り除いて仮組みしてみます。この時点で発覚した問題点は次の通り。

 

・シリンダー前部のウォーターパイプがダウンチューブに接触する
・オイルクーラー装着に難あり
・900R用マフラーがダウンチューブに接触する

 

このあたりはZZRよりパーツを持ってきます。まずはNinjaエンジンのままでのダウンチューブ装着を試みるのです。

 

一気に、はできませんからね。


スキマチェック1。

フレームとダウンチューブ、車種が違いますので当然隙間が開きます。ここを自作削り出しパーツで接合するのです。

 

まずはヘッドパイプ部分。これなら何とかなりそう。この画像は左側ですが、右側も似たようなもんです。



スキマチェック2。

下部左側面。

 

ちょいと大きめのスペースが開いてますが、2017Sの20mm板からの削りだしで強度・見栄えともにイケると思います。


スキマチェック3。

こちらは右側。

 

左よりは楽そう。へー、ZX10のダウンチューブって左右で長さ違うんだ・・・あとで調べたら、サイドスタンドユニットがここに付くらしい、です。


じゃ、スキマ埋めます。採寸から。

いつものとおり、信じられないほどいいかげんな採寸をします。

 

といいますか、単なるいい加減・・・ではなく、エンジニアリングプラスチック・・・ではなく古いまな板(!)を切り出してケガキを付けアタリをとり・・・



仮組み。

こんな感じでどうでしょう?


プロトタイプ完成(?)。

ちなみに厚みは15mm(参考になる方、い・・・ませんね?)。

 

はい、これでプロト作成完了!(けっして投げやりになっているわけではありません)


材料の切り出し。

さて、秘密兵器?のご紹介、その名もREXOSバンドソー。なんとその価格、ホームセンタードイトで29,800円。

 

え、こんな安くて使えるんですか?そう思って購入してみました。プラスチックのボディで付属のバンドソーも木工用があるのみ。ラインナップにも金属用の歯は見当たらず。困ったなあ、と思いつつためしに2017Sの20mm板を切断してみると・・・



REXOSバンドソー。

なんとあっさり切断可能。

 

さすがジュラといえど軽金属、ナイス切削性。騒音はひどいですが切れ味はまずまず。REXOSバンドソー、アマチュア金属加工家なら必携ですね!
(ウソだと思うなら、20mmの2017Sを弓ノコで切ってみよう・・・)


【スポンサード リンク】

よく読まれています!



GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!①ダウンチューブ上部着手 関連記事はこちら

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!①ダウンチューブ上部着手

まずは中古パーツをあさります。なんと100円で落札できたZX10(古い方よ)のダウンチューブを使用してエンジンを支えることにしましょう。仮組してみます・・・。なんとなく、装着できちゃいそうな。マフラー、ラジエター&オイルクーラー、ウォーターパイプを取り除いて仮組みしてみます。この時点で発覚した問題点...

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!②ダウンチューブ上部完成~下部着...

そんなわけざくざくっと。しかしこれ、ものの数分で切断完了しましたが手で切ったら1日かかりますよ(20mmの2017S(ジュラルミン)はとても硬い、しゃれにならないくらい硬い)・・・こいつは買い、です!

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!③ダウンチューブ下部完成

ダウンチューブ下部左側の続きです。延長する長さは160mm。ネットで購入した部材を切り出します。35mm径のジュラルミンですら一刀両断、わずか十数秒。手ノコで切っていたときの苦労が信じられません。

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!④1052エンジン搭載

というわけで再度作り直しました。今度のはミーリング加工もされていてパーツ単体としての完成度はあがっている?ジョイントパーツから下側に足を延ばし、ここで1100エンジンのヘッドマウントを掴むようにします。左右で2枚セット。

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!⑤ラジエター&オイルクー...

さーて次はラジエターです。こいつを片付ければオイルクーラーはさくさく付くはず。本来は長々とレポートするほどのものではないのですが、GPZ900Rはラジエターを流用する時は必ず解決しなければならない問題がありますので、対処を紹介します。これが装着予定のGPZ1100のラジエターです。900Rにこれを流...

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!⑥ウォーターライン

今日は会社をサボりました。ええ、バイクいじりたかったもので・・・まあ、たまにはよいでしょう。ここんとこ休日も出っ放しだったし(自分に言い訳中)。さて、今回でエンジン回りの加工は全て終了です。最後のお題は「ウォーターライン」です。まずはエンジン背面に存在する鉄パイプ。上がGPZ900R用、下がGPZ1...

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!⑦細かいトコ

細かいところその1、ラジエターファンスイッチ。メインハーネスはGPZ900R用をそのまま使用していますので、ラジエターファンスイッチも900R用を使用します。とはいえ900R用ファンスイッチはそのままではGPZ1100のラジエターには装着できません。そこで直径の大きいGPZ1100用ファンスイッチの...

≫続きを読む

GPZ900Rのエンジンを積み替えてみようぜっ!⑧完成

ついにこの日がやってまいりました。組みあがりました~!!ちょ、ちょっとだけ泣いていいですか?ちょっとだけ胸貸してもらえますか?(あ、お兄さんのは遠慮しておきます・・・)着手から苦闘9ヶ月、途中仕事は修羅場になるは○○は××れるはで一時は売っぱらって10Rでも買えばよいのかとも思いましたが!が! と、...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP