旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑦試し切り

【スポンサード リンク】


スローアウェイ。

まず、刃物を用意します。ついにスローアウェイに手を出してしまいました。

 

せっかく旋盤をCNC化して精密な制御を可能としても、肝心のバイト刃先形状が異なっていては、同じパスを通しても同じ切削は再現できません。「アルミ削るにスローアウェイは不要」との信念でしたがここにきてやむを得ず、です。いや、ランニングコストを意識してではないのですが・・・

 

いざ使おうと思ってもスローアウェイは山ほど種類ありまして、いろいろ悩んだ結果VBMW160404、つまり35度ひし形の逃げ5度を選択しました。なんとなくスミバイト的に細かい切削に向いてるように思えまして。

 

ホルダーは自作です。手元にあった軟鋼棒で作りました。軟鋼でよいのだろうか?


お題はこちら。

試し切りのCAD図面です。

 

挑戦するはもちろん手動では到底不可能な球面削りだし。具体的なパスの作成方法などは別コンテンツで用意いたします。しばしのお待ちを。



パーフェクト。

実際にアルミ丸棒を切削してみます・・・

 

はい、成功のようですね!


まーべらす!

きれいに繋がった球を削りだすことができました。これにてようやく完成、終了です。

 

これでステムシャフトだろうかモーリステーパーだろうがどんとこい!です!


これにてCNC化終了!

長らくお付き合い頂きありがとうございました。

 

フライスと同様、こちらも改良は続きます、

 

・ステッピングモーターのトルク強化
・主軸モーターの制御、ネジ切り可能化、3D彫刻機化?
・給油の自動化
・ツールチェンジ自動化

 

を行うことになると思います。今回も多数の方々のアドバイスを頂きました。

 

お礼を申し上げます。

 



【スポンサード リンク】

よく読まれています!



旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑦試し切り 関連記事はこちら

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!①動機~構想

面白いものでフライスの出番が増えると旋盤の出番もまた増えます。厚モノの板から贅沢にほとんどを切り粉としつつ削りだし。。。などということはせず、必要最小限の板からフライスでパーツを削ればその分正確なカラーが数多く必要となります。せっかくフライスがCNCで正確な切り出しを可能としているのだから、カラーで...

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!②X軸モーターベース

では、いつもどおりお絵かきの時間です。使用するはいつもどおり鍋CADです。そろそろ3DCADにも手を出したいのですが・・・前回更新の最後の画像、自動送りギアマウント用プレートの代わりの装着するベースマウントがこれです。左右に60mm間隔の穴が開いていますが、これは。

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!③X軸モーター取り付けその1

そうしたら、先ほどセンタードリルで揉んだ箇所をネジ切りして・・・うーん、フライスよりなぜか手間がかかってるなあ。

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!④X軸モーター取り付けその2

できあがった自作カップリングをパカッと挿し込み、そして・・・

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑤Y軸モーター取り付けその1

X軸のめどが立ちましたのでY軸に取り掛かります。例によって鍋CADで絵を描きます。。そんでもってまた例によって、ユニット化に準じますからこのような形状になります。

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑥Y軸モーター取り付けその2とハンドル等

さあ、ハードウエアの組み立てラストスパートです。なぜかカラーを多用するKow流構造、今回もカラーをどんどん切り出し・・・

≫続きを読む

旋盤を自宅CNCしてみようぜっ!⑦試し切り

まず、刃物を用意します。ついにスローアウェイに手を出してしまいました。せっかく旋盤をCNC化して精密な制御を可能としても、肝心のバイト刃先形状が異なっていては、同じパスを通しても同じ切削は再現できません。「アルミ削るにスローアウェイは不要」との信念でしたがここにきてやむを得ず、です。いや、ランニング...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP