楽器のパーツを作りつつ旋盤の使い方を押さえてみようぜっ

【スポンサード リンク】

旋盤で丸棒を削ってみよう。

おかげさまで毎日多くの皆様にご覧頂いております。

 

加工依頼もたくさんのお問い合わせを頂きありがとうございます。ホント、サイト主冥利に尽きます!

 

今回のご依頼は、楽器のパーツ。なにやら、弦楽器?に差し込んで足にするそうな。穴のサイズは16mm。中央がストッパー上に30mmまで広げたいそうです。うーん、16mmの丸棒にリング状に切り出した30mmのわっかを圧入する?でもなんかそれってチープですよね。ここは一発、32mm丸棒、しかも贅沢に7075からの削り出しと行きましょう!

 

そして、最近の私のサイトを訪れて頂く方々の検索キーワードとして意外に多いのが「使い方」。今まではCNCやバイクカスタムといった、上級者・・・とは言いませんがある程度ディープな方向けの記事が多いこのサイト、初心者向きといってはおこがましいですが、「これから旋盤を使いたい」「持ってないけど雰囲気を味わいたい」といった方向けのコンテンツを増やしていきたいと思っています。

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

さて、引っ張り強度がスチールを超えるという7075であっても、バンドソーで簡単に切断できます。こいつ硬いのに(から?)切削性は良好なんです。ただし腐食しやすいので通常はアルマイト加工をします。バイクのパーツとしては・・・個人的には、不要な強度だと思います。

 

使用しているバンドソーは「REXOS BS-10K」。すでに絶版ですが、同系モデルは手に入るはずです。


スクロールチャック。

まあ、旋盤といえば

 

・材料掴んで
・回して
・刃物あてりゃ

 

削れるぜ、ってものですがその第一ステップ、材料を掴むのが「チャック」です。あなたが旋盤を買ったとしたら、必ず(たぶん)この「スクロールチャック」、またの名を「三つ爪チャック」が装着されているはずです。ということは、スクロールじゃないチャックや、三つ爪じゃないチャックももちろんあるのですがそれはまたの機会に。

 

上部に黒い棒が刺さっています、これはハンドルといい、これを刺してぐるぐる回すと3つの爪が広がったり、締まったりします。

 

この3つの爪を動かすための渦巻状の溝を切った板が内蔵されており、これが「スクロール」の語源だったりします。ハンドルを刺す穴は通常3つありますが、テクニシャンに言わせると

 

「常に同じ穴を使うべし」

 

だそうです。私?一番近い穴を使っちゃってます・・・

 

さて、我々が購入できるようなマイクロ旋盤の場合、通常装備されているスクロールチャックは80mm~100mmです。貫通穴は20mm以内ですし、掴める丸棒も直径25mm程度でしょう。

 

でも今回は32mm丸棒を使いたいのです。そんなときは?




爪を交換!

ハンドルをぐるぐる回し、爪を取り除きます。

 

そう、スクロールチャックの爪は取れるんです。

 

余談です。

 

スクロールチャックはハンドルを回すことですべての爪が同時に動く優れものです、そのまま丸棒を掴めば簡単にセンターが・・・ある程度は、でます。でも、しょせんは摺動部のある機械部品、少なからぬ遊びがあるため、スクロールチャックで掴んだだけでは0.1mm程度のフレが出てしまいます。

 

ある程度は

 

・スクロールチャックの取り付けボルトを緩め
・精度の高い丸棒を掴み
・ダイヤルゲージでフレを見ながらプラスチックハンマーで叩き
・センターが出たところで取り付けボルトを固定

 

することで、センターを出すことができます。私もこの方法で、0.05mm以下までフレを取り除いています。

 

でも、スクロールの語源となった渦巻板も完璧な精度が出ているわけではありません。20mmの丸棒を掴んだときはセンターが出ても、5mmの丸棒を掴んだときにセンターがでるとは限らないんです。

 

解決方法は

 

・材料を掴んだら一皮むく
・加工が終わるまで離さない

 

なのです。今回はもっとも太い箇所で30mmなのですが、あえて32mm丸棒を加工している理由はこれなのでした。


【スポンサード リンク】


爪比較。内爪と外爪。

スクロールチャックには必ず

 

・内爪
・外爪

 

の2種類の爪がセットで付属しています。たまーに見かける、某オークションの中古品で「外爪なし」みたいなものがありますが、極力手を出さないことをお勧め致します。爪だけ手に入れるのは難しいのです。

 

さて、下が内爪、上が外爪。見ての通り内爪は内側が長くなっていて、外爪は外側が長くなっています。

 

使い分けは単純、細いものを削るときは内爪。太いものを削るときは外爪です。

 

交換は簡単です(ハンドル回して、今ついている爪を外して、付け替えてまたハンドル回すだけ)が、結構面倒です。


これで32mm丸棒を加えることができました。

外爪装着の図、です。

 

めでたくFL350Eでも32mmの丸棒を掴むことができました。

 

写真を撮るためにあえてこうしていますが、ハンドルを付けたまま手を放すことは禁止項目の一つです。このままスイッチを入れてハンドルすっ飛ばす事例は結構あります。

 

手のひらサイズとはいえ、鉄の塊ですからこれが顔にあたったらちょっと大変です。

 

あ、みなさん保護眼鏡は付けていますね?


セットOK。

右側はテールストックに回転センターを装着しました。

 

前後の送りをシビアにみるためにダイヤルゲージもセット。このあたりも、いずれご説明しますね。

 

今回狙う精度は0.02mmレベル。軸太さを15.95プラスマイナス0.02まで追い込みます。


ひたすら削っていきます。

 

ひたすら削り続けます。

 

2017や7075を削るとき、私は切り込みは小さく0.1~0.2mm程度にしています。動画の状況では0.1mm。送りはF300程度。

 

32mmを16mm近くまで削ります、8mm切る必要がありますから80往復!手送りではもうやってられませんね・・・。手送りだったら切り込みを0.5mmくらいにしてしまうかもしれません。

 

でも、剛性の低いマシンで削り面をビビらせず美しく仕上げるには

 

・小さな切り込みで
・何度も何度も送る

 

ことが、一番の近道なんです。

缶・・・ビール?

最終的にダイヤルゲージを駆使し、めでたく15.95mmへビシッと削り込みました。

 

さて材料をトンボ(ひっくり返す)してスクロールチャックに咥えます。せっかくピカピカに削った面をスクロールチャックで掴むと傷だらけになってしまう!

 

そんなときは缶ビールのカンをはさみで切り刻みます。これを丸棒に巻きつけてスクロールチャックで掴むと傷を防止できるって寸法です!

 

簡単なことですが、これも家庭の知恵?です。




トンボ&センター出し

材料をトンボします。

 

この状態でダイヤルゲージをあて、センターが出ているか否かを確認します。

 

もしこの状態でセンターが出ていない場合、先に説明した通りスクロールチャックの取り付けボルトを緩めプラハンで叩き、センターを出すのです。

 

地道な努力ですがこの積み重ねが作品に魂を吹き込みます。私はそう思うのです。

 

センターを出したら、先ほどと同じように残りを削り出しましょう!

 

完成は間近です。


【スポンサード リンク】


完成です。

最後にミシンオイルに浸したペーパーを使用して

 

・600番
・800番
・1000番

 

で磨き上げます。旋盤のベッドをウエスで覆いペーパーの粒子を含んだ油がベッドを汚さないようにして、削り出したパーツを旋盤で回しながら磨くのです。

 

1000番で撫でれば十分な光沢となります。これ以上を望むと鏡面になっちゃいますし、その場合アルマイトを掛けないとすぐ傷が入っちゃいます。今回はこれで十分。

 

フランジを超えて軸に沿って走る一直線の反射光が、0.02mmレベルの精度を示しているわけです(笑

 

これにて完成、納品ですっ!


よく読まれています!


楽器のパーツを作りつつ旋盤の使い方を押さえてみようぜっ 関連記事はこちら

テーパーインシュレーターを自作ってみようぜっ!

とあるSNSで、とある方からお声が掛かりました。・こういうの、誰か作れませんか-キャブとインテークポートの段差を解消したい-テーパー加工が必要ふむふむ・・・いろいろなRESがありました。旋盤を使ってテーパー加工しては?リューターで削る?などなど。ちょうど、別件でテーパー切削のテストをしていた私が「ウ...

≫続きを読む

SRX250のバックステッププレートを自作ってみようぜっ!

同じレースに出ているお友達からご依頼を頂きました。NS2仕様のSRX250用バックステッププレート。シンプルな一枚板構造、ベグやペダルは流用品を使うとのこと。補修パーツの入手などを考えたら、これが一番よいやり方かもしれませんね。すでに製作済パーツの予備ということで、そのオリジナルパーツを段ボールに写...

≫続きを読む

KAWASAKIのレア車のレアパーツをリプロダクトしてみようぜっ!

行きつけのバイクショップさんからご依頼を頂きました。オールドカワサキ(W3)のタコメータの取出し口が、壊れちゃったので削りだしてほしい、とのご依頼です。お預かりした部品を見ると、黒ずんでいるもののどうやら真鍮製の様子。このあたり、時代を感じますよね。ショップで海外のパーツショップを含めあちこち当たっ...

≫続きを読む

ホイールカラーをワンオフで自作してみようぜっ!

ご存知でしょうか、このサイトは各ページにメールフォームがついています。今回のご依頼はこのメールフォーム経由で頂きました。なになに・・・CB750Fのカスタムとな?私も以前やったことがあります、FBにFZR400Rの足をごっそり組み付けたっけ・・・懐かしいなあ。今回はリアホイールのコンバート用のカラー...

≫続きを読む

楽器のパーツを作りつつ旋盤の使い方を押さえてみようぜっ

おかげさまで毎日多くの皆様にご覧頂いております。加工依頼もたくさんのお問い合わせを頂きありがとうございます。ホント、サイト主冥利に尽きます!今回のご依頼は、楽器のパーツ。なにやら、弦楽器?に差し込んで足にするそうな。穴のサイズは16mm。中央がストッパー上に30mmまで広げたいそうです。うーん、16...

≫続きを読む

DIYアルマイトにチャレンジしてみようぜっ

今回はアルマイトにチャレンジです。今回はオーナーが手削りしたパーツにゴールドのアルマイトを掛けてほしいとの注文。もちろんお手伝いさせて頂きますよ!久しぶりのカラーアルマイトチャレンジしつつ、その作業工程をご紹介いたします。工程はこんな感じになります。油・汚れ落とし(5分)準備と結線(10分)電解処理...

≫続きを読む

SR400にXL250Sの足を組むステムシャフトを作ってみようぜっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。初めましていつも楽しく記事を見させてもらってる者です。 APE100のステムシャフトの記事のように他車種のフロントを移植するためのステムシャフトの制作をお願いしたいのですが大丈夫でしょうか?車種はSR400にXL250Sの移植ですがおおよその金額も教えていただけ...

≫続きを読む

パーツを量産してみようぜっ!

レース関連のお友達からのご依頼です。エンジン回りの某パーツ、取り外したあとのふたを作ってほしいとのリクエスト。はい、お安いご用ですよ。あれ、5個必要なのですね。了解、今回は5つ一気に量産しちゃいましょう!お預かりしたガスケットを計測し、主要部分(ボルト穴、ガスケット外径)の図面を起こしちゃいます。そ...

≫続きを読む

ちょっとした便利小物を作ってみようぜっ!

スクロールチャック。ミニ旋盤を使おう ①材料の固定でご説明した通り、本来は材料を旋盤で回すために使用する固定器具?です。が、意外と便利な別の利用方法があります。筆者の愛用している旋盤は寿貿易さんのFL350Eですから、そのスクロールチャックのサイズは標準で80mm、最大でも100mmです。ですが、筆...

≫続きを読む

ホイールを換装してみようぜっ!

はじめまして。アクスルシャフトの加工をお願い致します。加工内容は必要の長さにカットしていただき、端部ネジ加工です。加工用アクスルシャフトは新品2本用意してあります。簡単ですが画図を書きましたので、御連絡頂いたのち画像と詳細を送ります。それでは御連絡お待ちしております。サイトの下の方にある、「ご質問、...

≫続きを読む

油圧プレスでパーツを修正してみようぜっ!

あまり自宅においてるよ、という方を見かけない油圧プレス。その理由は大きくて邪魔重い高いでしょうか。ところが誤解なんです。「大きくて邪魔」と「重い」について、これについては旋盤とフライスを自宅に入れといていまさら何言ってるの!で論破(笑。私の狭い工作室にも押しこめる、ということでこんな汚い(失礼)画像...

≫続きを読む

バックステップ補修用パーツを作ってみようぜっ!

見てくれのバックステップではなく、あくまでもサーキット走行を前提としたバックステップ。一部のメーカーは、そんな無骨なパーツを作り続けてくれています。そういったメーカーのパーツはたとえ転倒しても粘る材質で作られているためにそうそう破損するものではありません、大抵はくにゃっと曲がる程度で済み、油圧プレス...

≫続きを読む

モックアップを使って現物合わせ!削り出しパーツをお届けっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。はじめまして、ホームページを拝見させて頂きメールさせて頂きました。BMW K100用にバックステップベースプレートを制作頂きたいのですが、依頼を受けて頂けるでしょうか?特に急いではおりませんので、そちらの都合のよい時で制作時期はお任せいたします。もし依頼をお受け...

≫続きを読む

アルマイト仕上げでクオリティの高いパーツを作ってみようぜっ!

mixiのメッセージ経由でご依頼を頂きました。Kowさん 製作見積もりお願いできますか。円柱でリアサスのアッパーカラーになります。数量2です。宜しくお願いいたします。図面を頂くとイメージが湧いてありがたいです。このあと一部寸法修正が入りましたが形状決定!こちらもご覧くださいませ。DIYアルマイトにチ...

≫続きを読む

ブ厚い塊からパーツを削り出すにはどうしたらいい?

本サイト下部のメールフォーム経由でご依頼を頂きました。そして今は、掲示板の常連さんです(笑今回のご依頼はとあるキャリパーサポートです。寸法概要を鍋CAD8で作図してお送り頂きました(ありがとうございます)。むむむ・・・大きいですねえ。厚みは28mmの指定です。ちと、問題が2つばかりございます。28m...

≫続きを読む

純正流用には加工が必須!グラインダーで削っちゃダメよのカラー加工

今回も本サイト下部のメールフォーム経由でご依頼を頂きました。当方、バイクのカラー等の「加工」を行ってくれるところを探しており、こちらのサイトを見つけた次第です。ご回答頂けると助かります。私の要望は、バイク部品の「加工」なのですが、1. 既存のカラー(純正品アクスルシャフトカラー。ツバがある形状の物)...

≫続きを読む

サイズギリギリ!分割加工で対処するXV1600の特大グリル

以前、ホイール周りのカスタムをお手伝いさせて頂いたXV1600のオーナー様よりメールを頂きました。こんばんは。本日、グリル延長分とリアマスターシリンダー変更用ブラケットの絵図が完成致しました。グリルの絵図は何じゃこりゃ!と思われると思いますので、グリルと絵図を本日宅急便にて発送致しました。グリルを見...

≫続きを読む

凄い突っ切りバイトを手に入れた!ディスタンスカラーを軽量化しよう。

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。ホイールのコンバートをしたいのですが、ディスタンスカラーをアルミにて作成していただける所を探していてここにたどり着きました。前後R1Zのホイールを流用予定しておりましてアクスルシャフト径が15mmから17mmに変更致しますので(フロント...

≫続きを読む

苦戦しました・・・。CB350exportのスペシャルタペットキャップを自作る!

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。はじめまして。アルミでタペットカバーを作って頂きたいのですが、可能でしょうか?この形状です。ご検討よろしくお願い申し上げます。CB350にかなりのこだわりを持たれている方からのご依頼。旧CB系のタペットキャップは750も含めて互換性があ...

≫続きを読む

フライスでシャフトを切る(旋盤が小さいんですもの)

行きつけのバイクショップの社長からのご依頼です。いわゆる「スペシャルパーツ系」フロントフォークの、アクスルシャフト。かなり肉薄のおそらくクロモリ製のシャフト、スペシャルフォークでよくありがちな構成で、左右ともオネジが切ってあり、それぞれジュラルミンのカラーがねじ込まれます。こいつの全長を左右で2.5...

≫続きを読む

分厚いアルミはワイヤーカット!外注さんを使って自作野郎ぜっ!

今日もメールでのご依頼を頂きました。作成するものはフロントフォークに組み付けるカラーのようなもの。C型の2つのパーツをボルトで締結するもので、構造としては、また形状としてもシンプルなものです。一見問題はないようですが・・・問題あるです。それは厚み。今回のご依頼は25㎜。以前経験がある厚みではあります...

≫続きを読む

て、手強い・・・畑違いにはノウハウがいるのですのコーヒーミル。

お問い合わせメールにて、ご依頼を頂きました。コーヒーミルのパーツだそうです。図面を引かれたということで、さっそくそれら図面を頂きました。ふむふむ・・・基本的には8㎜前後の丸棒の加工、それほど難易度は高くないかな?と思ったのですが・・・当初ご依頼はステンレスであったのですが、加工容易性を考えてアルミ合...

≫続きを読む

テイストオブ筑波に参戦するには必須アイテム!のサスペンションリンク

知人からの依頼品です。テイストオブ筑波、というレースがあります。まだバイクのフレームが鉄だった頃、1980年から90年のマシンを使ってレースをするという豪快なイベントです。いわば「若かりし頃のあこがれのマシンでレースを・・・」というイベントですね。とはいえクラシックレースとはまた一線を画しており、そ...

≫続きを読む

テイストオブ筑波に参戦するには必須アイテム!のセパハン加工

旧車をレース専用車に組み替える場合、ハンドル回りを含めたポジションの変更も重要です。意外と思われるかもしれませんが、サーキットをバイクで走るときは常に胸、腹がタンクに張り付いている状態(決して腹が出ているから、ではない・・・)くらいまで、伏せます。これはストレートだけではなくコーナリングも一緒。ステ...

≫続きを読む

美しい・・・こういうの削れるようになりたいですねえ。


まさにお手本です!
どこを掴んで、どこから削って・・・工程を想像するだけでも楽しいですね。本当にかっこいいスマホケースってないですから。


ご質問はこちらから!


以下のアイコンをクリックしメールフォームを開いて頂けますと幸いです。
恐縮ながら、加工ご依頼は一時受付を停止させて頂いております。再開の予定は未定です。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP