ご依頼多数につき、恐縮ながらご依頼品作成の受付を一時停止致します。
再開までしばらくお待ちください。
自作野郎ぜっ!管理者 kow_2002@hotmail.com

1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]の作り方 How to assemble 1/72 King Tiger Full Interior Kit for Dragon, Revell

1/72 キングタイガー フルインテリアキット

本ページは、自作野郎工房の開発した3Dプリンタキット「1/72 キングタイガー(ヘンシェル砲塔) フルインテリアキット(3Dプリンタ)」について概要をまとめたものです。

 

3Dプリンタキットは市販のプラスチックモデルと異なり、取り扱いに特徴があります。

 

本キットを完成させるために必要なポイントについて解説致します。結論から申し上げますと、3Dプリンタキットの経験がない方もこのページを参照して頂ければ問題なく本キットを完成させることができます。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

販売サイト

ヤフーオークション

 

Amamzon

 

eBay

 

製品概要

1/72 キングタイガー フルインテリアキット

  • 1/72スケールのWW2ドイツ軍戦闘車両 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)のフルインテリアキットです。
  • 「ドラゴン社 1/72 sd.kfz.182 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」のキット(キットNo.7558)または「ドイツレベル社 1/72 VI号戦車 キングタイガー」のキット(キットNo.03129)に対応しています。
  • エンジンルーム、トランスミッション、砲弾ラック、各種メータパネル、無線機に加え主砲もリアルに再現されています。
  • 塗装の容易さ、リアルさを追求するためパーツ分割がなされています。
  • 前作「ヤークトパンター」「パンターG型」と比較し、さらに精密さを追求しました。特に砲塔後部の砲弾ラックは砲弾とラックが別パーツ構成となっています。

 

特徴

  • 3Dプリンタ初心者の方のために、練習用として小さな部品、壊れやすい部品は計2セット同梱しています(練習用のパーツはサポートが割れている等のB級品が梱包されている場合があります)。
  • 底面には3Dプリンタ特有のサポートが多数あるため丁寧な作業が必要です。また、レジンは一般のプラモデルの素材と比較し欠けやすいため、サポートの除去は薄刃ニッパー等で丁寧な除去が必要となります。
  • モノクロ4Kの高解像度3Dプリンタに、有名メーカーの水洗いレジンを使用して出力しています。
  • 丁寧に専用機材を使用しきちんと2次硬化を行っています。3Dプリンタ製品にありがちなべたつき等はありません。

 

注意事項

  • このキットに含まれるのは以下のの写真にあるパーツです。
  • 本キットには「「ドラゴン社 1/72 sd.kfz.182 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」「ドイツレベル社 1/72 VI号戦車 キングタイガー」は含まれていません。別途購入の必要があります。
  • 本キットは3Dプリンタキットであるため、3Dプリンタによる出力で避けられない細かな段差・ゆがみがある程度発生します。その状態は商品写真でご確認ください。
  • 塗装されているものは作例です。この作例は本キットを塗装し、かつ「「ドラゴン社 1/72 sd.kfz.182 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」の車体パーツと組み合わせたものです。本キットを「「ドラゴン社 1/72 sd.kfz.182 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」または「ドイツレベル社 1/72 VI号戦車 キングタイガー」に組み込む際は、一部「「ドラゴン社 1/72 sd.kfz.182 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」または「ドイツレベル社 1/72 VI号戦車 キングタイガー」のパーツの加工が必要です。簡単な手順を本ページで紹介しています。
  • 本キットを「「ドラゴン社 1/72 sd.kfz.182 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」「ドイツレベル社 1/72 VI号戦車 キングタイガー」に組み込み、かつ車体上部のパーツをかぶせる場合には、パーツの加工が必要です。

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット全パーツ


3Dプリンタキットの基礎について

3Dプリンタキットは市販のプラスチックモデルと異なる素材・製法で作成されています。

 

3Dプリンタキットの特徴や注意事項は以下にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

 

ポイント1 3Dプリンタキットについて
ポイント2 パーツの切り出し

パーツ構成 Parts composition

1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]のパーツ構成を解説します。いくつかのパーツは、壊してしまったときのために予備が入っています(梱包ミスではありません)。

 

 

1:車体 Body

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット車体関連

 

①車体 Body
②トランスミッション Transmission
③砲弾ラック Shell rack

 

2:砲塔 Turret

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット砲塔関連

 

④砲塔 Turret
⑤主砲 Main gun
⑥砲塔後部砲弾ラック Rear turret shell rack
⑦砲弾 Shell

 

その他 others

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット小物関連

 

⑧エアクリーナーカバー Air cleaner cover
⑨ステアリングホイール Steering wheel
⑩ヘッドレスト Headrest
⑪消火器 Fire extinguisher
⑫同軸機銃弾倉 Coaxial machine gun's magazine
⑬砲旋回装置 swivel device
⑭スイッチ Switch
⑮無線機変圧器 Radio transformer

塗装および組立(Painting and assembly)

それぞれのパーツを、組み立てる前に全て塗装します。以下の塗装例を参考に各パーツに塗装を行ってください。その後、各パーツを組み立てます。

 

素材がレジンであるため、事前にサフェーサーを塗布することをお勧めします。
Since the material is resin, it is recommended to apply the surfacer in advance.

 

本画像の塗装以外にも、インテリアの塗装には多くのバリエーションがあります。本書では全ての砲弾は榴弾としていますが、実際には徹甲弾等が多く搭載されています(弾頭は黒)。インターネットの画像検索等を活用して調査してみてください。

In addition to the painting in this image, there are many variations in interior painting. In this book, all shells are grenades, but in reality, many armor-piercing shells are installed (the warhead is black). Please use the image search on the Internet to investigate.

 

king tiger inside

 

以下の画像をクリックすると、大きな画像を開くことができます。
You can open a larger image by clicking on the image.

 

車体の塗装と組立て(Car body painting and assembly)

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット車体の塗装と組立て

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット車体の塗装と組立て後

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキットヘッドレストの取り付け

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキットヘッドレストの取り付け

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキットハンドルの取り付け

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキットハンドルの取り付け

 

砲塔の塗装と組立て(Painting and assembling the turret)

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット砲塔の塗装と組立て

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット砲塔の塗装と組立て後

 

同軸機銃弾倉の取り付け(Installation of coaxial machine's magazine)

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット同軸機銃弾倉の塗装と組立て

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット同軸機銃弾倉の塗装と組立て後



 

車体と砲塔の組み立て(Assembly of body and turret)

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット車体と砲塔の組み立て

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット車体と砲塔の組み立て後

 

1/72 キングタイガー フルインテリアキット車体と砲塔の組み立て後

ポイント ドラゴン社のキットと組み合わせる場合 When combined with a Dragon kit

本3Dプリンタキット「1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]」は、車体と主砲のインテリアパーツのみを同梱しています。

 

車体や転輪、履帯は含まれておらず、ドラゴン社、またはレベル社のキットを別途購入・使用する必要があります。また、一部パーツには加工が必要となりますので、その方法等を解説します。

 

適合するドラゴン社キット

 

例として、以下のキットは本3Dプリンタキット「1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]」と組み合わせることができます。

 


ドラゴン 1/72 第二次世界大戦 ドイツ軍 重戦車キングタイガー ヘンシェル砲塔 プラモデル DR7558

 

ドラゴン社のキットは精密なつくりでお勧めできます。ただし履帯はDSトラックと呼ばれる軟質樹脂でできており好みが分かれます。組み立ては容易ですが接着しにくい素材である多ゆえに履帯の垂れさがり表現が難しいこと(作例では黒い糸で引っ張っています)、塗装が乗りにくいためそのまま塗装するとポロポロと塗料が剥離してしまいます。

 

この問題は以下のようなプライマーを使用することで解決できます。

 

タミヤ メイクアップ材 ナイロン/PP用プライマー 87152

 

DSトラックにこのプライマーを塗布してから塗装することで、かなりの塗装剥がれを防止することができました。もしドラゴン社のキットを組み合わせる場合は、上記ご参考にして頂ければ幸いです。

 

ドラゴン社キットを使用する場合の加工個所

 

ドラゴン社のキットを使用する場合は、車体パーツの加工が必要です。
When using the Dragon kit, it is necessary to process the body parts.

 

  1. 車体内部に突き出している部分をすべて削り落とします。
  2. フェンダー部分を切り落とします。その際、フェンダー下部に沿って水平に切り落とします。素材のプラスチックが薄く柔らかいのでデザインナイフで筋を数回入れることで容易に切り離せます。
  3. 車体後部パネルの工具箱の内側に開いている穴をエポキシパテ等で埋めます。
  4. 車体後部パネルを、フェンダーを切り落とした車体パーツに接着します。

 

  1. Scrape off all the protruding parts inside the car body.
  2. Cut off the fender part. At that time, cut off horizontally along the lower part of the fender. Since the plastic material is thin and soft, it can be easily separated by making a few streaks with a design knife.
  3. Fill the hole inside the rear panel of the car body with epoxy putty or the like.
  4. Glue the rear panel of the car body to the car body parts with the fenders cut off.

 

加工が完了した状態を画像で示します。
Processing completed.

車体加工部

 

この加工を行うことで、本キットの車体インテリアパーツを滑り込ませることができます。万が一合わせがきつい場合は、車体インテリアパーツの左右を棒ヤスリ等で削って調整してください。

ポイント レベル社のキットと組み合わせる場合 When combined with a Revell kit

本3Dプリンタキット「1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]」は、車体と主砲のインテリアパーツのみを同梱しています。

 

車体や転輪、履帯は含まれておらず、ドラゴン社、またはレベル社のキットを別途購入・使用する必要があります。また、一部パーツには加工が必要となりますので、その方法等を解説します。

 

適合するレベル社キット

 

例として、以下のキットは本3Dプリンタキット「1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]」と組み合わせることができます。

 


ドイツレベル 1/72 VI号戦車 キングタイガー 03129

 

レベル社のキットは1/72で長い歴史とラインナップを誇り、定番キットとしてお勧めできます。履帯はプラスチック製で、比較的組み立ては容易です。

 

レベル社キットを使用する場合の加工個所

 

レベル社のキットを使用する場合は、車体パーツの加工が必要です。
When using the Revell kit, it is necessary to process the body parts.

 

車体パーツ

レベル社製キングタイガー車体パーツ

 

レベル社キングタイガーの車体パーツのすべてです。車体中央のパーツを加工します。
All of the body parts of Revell King Tiger. Process the parts in the center of the car body.

 

レベル社製キングタイガー車体パーツ 側面版の位置確認

レベル社製キングタイガー車体パーツ マーキング

 

車体中央のパーツに側面版を合わせ、前面装甲の位置をマーキングしておきます。
Align the side plate with the part in the center of the car body and mark the position of the front armor.

 

レベル社製キングタイガー車体パーツ 側面版を切り取る

 

車体中央のパーツの側面板を切り取ります。切断面は水平になります。
Cut off the side plate of the part in the center of the car body. The cut surface is horizontal.

 

レベル社製キングタイガー車体パーツ 加工後パーツ

 

加工後の車体パーツのすべてです。後部装甲の内側の突起は削り落とします。
All of the car body parts after processing. The protrusions on the inside of the rear armor are scraped off.

 

レベル社製キングタイガー車体パーツ 組立

パーツを接着します。先ほど書いたマーキングを参考にします。
Glue the parts together. Refer to the marking I wrote earlier.

 

レベル社製キングタイガー車体パーツ 組立完了

出来上がったバスタブ状の車体に、インテリアを入れることができます。
You can put the interior in the finished bathtub-shaped body.

最後に

以上で自作野郎工房の開発した3Dプリンタキット「1/72 キングタイガー フルインテリアキット ドラゴン・レベル用[3Dプリンタ出力品]」について概要の説明を終わります。

 

引き続き、1/72のドイツ戦車を中心にフルインテリアキットを開発してまいります。

 

ぜひ、市販のプラスチックモデルにはないディープな世界をお手に取ってご確認ください。

販売サイト

販売サイト

ヤフーオークション

 

Amamzon

 

eBay

関連記事