苦戦しました・・・。CB350exportのスペシャルタペットキャップを自作る!

【スポンサード リンク】


このご依頼、大変お時間を頂いてしまいました。

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。

 

はじめまして。
アルミでタペットカバーを作って頂きたいのですが、可能でしょうか?

この形状です。
ご検討よろしくお願い申し上げます。

 

CB350にかなりのこだわりを持たれている方からのご依頼。

 

旧CB系のタペットキャップは750も含めて互換性があり、さまざまなタイプ、形状のものが純正としてもラインナップされています。

 

海外のパーツメーカーでフィンつきのキャップを目にされ、入手されたとのことですがその精度がどうしても気に入らず、ご依頼を頂いたというわけです。

 

実際にこのパーツをお送りいただきましたが、確かに左右分割の金型で作られた鋳造品で、ねじ山やトップのナット部含めかなり「ダル」な造りですね・・・。

 

では、やってみましょう・・・どうせなら滑らかなフィンとびしっとエッジの立ったナット部を両立!できるかな?

工程を検討しつつ、図面を引きます。

ただ、この作業、当初より困難が予想されておりました。

 

一見小さなパーツに見えますが(まあ実際小さいのですが)その形状は複雑であり、ざっと数えただけでも

 

  • フィン部の削りだし(CNC旋盤加工)
  • ねじ部の加工(旋盤手作業)
  • 裏側の肉抜き(旋盤手作業)
  • オイルリング溝切り(CNCフライス加工)
  • キャップトップナット切り出し(CNCフライス加工)

 

というように、最低でも5工程必要となります。また、フライス、旋盤というワタシの手持ち機材を総動員しての作業が必要、もちろんそれぞれに対し図面が必要です。

 

むー。これは手こずりそうだ。



フィン部の削りだし(CNC旋盤加工)

とりあえず図面を引きます。

 

CNC旋盤加工の際には、バイトの形状、取り付け角度を考慮して図面を引く必要があります。

 

うーん、手持ちのバイトはそれなりに鋭い形状(先端角35度)なのですが、フィンの存在感を考えると奥行きが足りません。

 

ここは突っ切りと分けて2工程に分割する必要がありそうです。

 

そうと決まればそのように図面を起こし、Gコードを書き出します。

 

まずは丸棒を加え、剣先バイトで外形を削り・・・

 

次に突っ切りバイトに持ち替え、そのフィンを奥深くさらに切り込みます。

 

フィンの隙間が1つあたり3つありますから、4つで計12箇所。これを手作業ではやってられないのでテストピースで条件を洗い出し、突っ切りのCNC化を実現しました。

 

ちゃんと千鳥切りも制御。

 

 

この作業を4つ・・・ではなく、途中加工で失敗することを想定し、予備を2つの合計6つ分、行います。


裏側の肉抜き(旋盤手作業)

フィン部を削りだす際に、将来的にナットとなる部分を長めの丸棒として残しておきます。

 

この丸棒部を掴み材料をトンボ(ひっくり返して持つこと)し、裏側の肉抜きも行います。

 

フライスのC軸で抜くことも考えましたが、安直に大径ドリルで掘り込みます。

 

ドリルの切れ味が勝負です。こちらも決して難しい作業ではありません。


ねじ部の加工(旋盤手作業)

そのまま、ねじ加工を行います。

 

何しろ30mmのピッチ1.0mmという大径ねじ、念のためダイスも購入しましたがやはり正確性を期すためには旋盤での加工が必要でしょう。

 

このねじ切りの詳しい方法は「ミニ旋盤を使おう ⑥ねじ切り」にご紹介致しました。

 

少々手間ではありますがが、手作業ですから落ち着いてじっくり作業すれば、問題はありません。



オイルリング溝切り(CNCフライス加工)

オイルリングの溝は正確性が要求されます。

 

CNCフライスがあれば本来問題はないのですが、通常の3軸フライスで正確な円(ここでいう正確、とは誤差0.05mm未満を指します)はワタシの手持ちの機械では正直かなり困難なのです。

 

その理由はバックラッシュ。

 

いかにボールねじを奢っているとはいえ、1/20mmの精度での真円を描けるかというとNoといわざるを得ません。

 

それでも通常の外形加工であれば軽くやすりでなでてしまえば見た目上まったく問題のない形状となりますが、オイルリングということを考えると安直に誤魔化せるかどうか、難しいところです。

 

そこでここでは「このために用意したC軸」を使用します。

 

C軸を使用すれば、バックラッシュに関係なくほぼパーフェクトな真円を加工することができるのです。


キャップトップナット切り出し(CNCフライス加工)

さあ、最後の加工となります。

 

丸棒として残したナット部の厚みを、旋盤と突っ切りバイトで正確に落としてCNCフライスにセットします。

 

青ニスを掛けて中心を罫書き、エンドミルの代わりにCNCフライスにセットした旋盤用の固定センターを正確に合わせて芯を出します。

 

あとはCNCフライスにすべてを託し、眺めているだけ。

 

美しいナット部ができました。

 

最後に面取りカッターで角をなでて、加工完了!

 

6つ作ったはずなのに、やっぱり2つおしゃかになりました。多めに作っておいてよかった・・・。


軽く磨いて、完成!

最後に出来上がったパーツを旋盤に加え、ネバダルで軽く磨いて完成です!

 

作業卓の上でしばし眺めて、今までの作業を振り返ります。

 

が、ご依頼者がお待ちかねです、30分後には梱包され発送されてしまいます。

 

加工方法を最後の最後まで迷ってしまったこと、C軸を新たに作ったこと、途中でインバーターは壊れるわ旋盤のベルトは切れるわとトラブルが相次いだことでかなりのお時間を頂いてしまいました。

 

深くお詫び致します。

 

その分、というわけではございませんが魂のこもった世界にワンセットのパーツが出来上がりました。

 

ぜひ、お手にとって眺めていただければ幸いです。



お釈迦の山。

2つ多めに作りました、といいましたが実は加工手順検討を踏まえるともっと多くの試作を行っているのです。

 

こんな裏事情も、ちらりとお見せして本稿閉じさせて頂きます。


後日談。

ご依頼者より、メールを頂きました。

 

品物受け取りました。

 

テーパーのかかったフィン形状、フィンの間隔、フィン形状は完璧です!!
大満足です。お願いして良かったと思いました。

 

とのことでした。よかった!

 

しかし、

 

  • オイルリングの溝がタイトすぎて締め付けても隙間が残る

 

とのご意見を頂きました。

 

申し訳ございません!なにしろオイルリークが怖くて少々きつい仕上げにしてしまいました。
お手数を頂きもう一度製品を送り返して頂き、オイルシールの締めシロをコンマ数mm拡大し、再度ご納品させて頂きました。

 

こんな手直しももちろん追加費用なしでご対応させて頂いております。

 

さらに後日談・・・

 

オーナー様より、装着画像をお送り頂きました!
これはシブい、かなり個性的なCB350exportです。

 

当サイトにご依頼頂くオーナー様はこだわりの方が多いですね。夢のマシンのお手伝いをさせて頂き、ありがとうございます。作り手冥利に尽きるのです。

 

 

 

 

 

さらにさらに後日談・・・

 

オーナー様より、メールを頂きました^^

 

実はですが、、、

 

インテーク側のタペットキャップがキャブレターと干渉するという、恐れていた事態が発生してしまいました。

 

造って頂いたキャップのフィンを一段無くして短くする追加工、あるいは一からフィンの数が一枚少ないショートバージョンを製作して頂きたいのですが。

 

お願いできませんでしょうか?

 

おお、それは大変だ!

 

せっかくのパーツが付けられない、では楽しくないですよね。それでは、いったん余った(?)2つをご返送頂き、追加加工するようにしましょうか。

 

数日後、届いたタペットキャップを旋盤にセットし、フィン1毎分を削り落としました。

 

 

フィンを切り落としたタペットキャップをCNCフライス(X-1)にセット。センターを出すために旋盤用のセンターを主軸にはめて、キャップ中央と慎重に合わせます。

 

こんな方法でも意外としっかりセンターがでます。

 

 

あとは前回使用したプログラムをもう一度流すだけです。

 

 

はい、これで完成です。

 

 

オーナー様、これでいかがでしょう?

 

うまく装着できましたら、また写真送ってくださいね。

 

オーナー様のブログはこちら。Chelodinerd

 

さらにさらにさらに後日談・・・

 

オーナー様より、メールを頂きました!

 

タペットキャップを装着して走ってみましたが、オイル漏れ等はありませんでした。

 

この度は、本当に有り難うございました。

 

装着画像をブログに載せたので、お時間ある時にでも見て頂けたらと思います。
http://chelodinerd.blogspot.jp/2016/02/king-joe.html

 

また機会がありましたら、是非宜しくお願いします。それでは失礼します。

 

びしっと決まっていますね!「座席から見下ろした時の光景が萌え~」とのことですが、確かによく見えますね^^

 

 

【スポンサード リンク】

よく読まれています!



苦戦しました・・・。CB350exportのスペシャルタペットキャップを自作る! 関連記事はこちら

テーパーインシュレーターを自作ってみようぜっ!

とあるSNSで、とある方からお声が掛かりました。・こういうの、誰か作れませんか-キャブとインテークポートの段差を解消したい-テーパー加工が必要ふむふむ・・・いろいろなRESがありました。旋盤を使ってテーパー加工しては?リューターで削る?などなど。ちょうど、別件でテーパー切削のテストをしていた私が「ウ...

≫続きを読む

SRX250のバックステッププレートを自作ってみようぜっ!

同じレースに出ているお友達からご依頼を頂きました。NS2仕様のSRX250用バックステッププレート。シンプルな一枚板構造、ベグやペダルは流用品を使うとのこと。補修パーツの入手などを考えたら、これが一番よいやり方かもしれませんね。すでに製作済パーツの予備ということで、そのオリジナルパーツを段ボールに写...

≫続きを読む

KAWASAKIのレア車のレアパーツをリプロダクトしてみようぜっ!

行きつけのバイクショップさんからご依頼を頂きました。オールドカワサキ(W3)のタコメータの取出し口が、壊れちゃったので削りだしてほしい、とのご依頼です。お預かりした部品を見ると、黒ずんでいるもののどうやら真鍮製の様子。このあたり、時代を感じますよね。ショップで海外のパーツショップを含めあちこち当たっ...

≫続きを読む

ホイールカラーをワンオフで自作してみようぜっ!

ご存知でしょうか、このサイトは各ページにメールフォームがついています。今回のご依頼はこのメールフォーム経由で頂きました。なになに・・・CB750Fのカスタムとな?私も以前やったことがあります、FBにFZR400Rの足をごっそり組み付けたっけ・・・懐かしいなあ。今回はリアホイールのコンバート用のカラー...

≫続きを読む

楽器のパーツを作りつつ旋盤の使い方を押さえてみようぜっ

おかげさまで毎日多くの皆様にご覧頂いております。加工依頼もたくさんのお問い合わせを頂きありがとうございます。ホント、サイト主冥利に尽きます!今回のご依頼は、楽器のパーツ。なにやら、弦楽器?に差し込んで足にするそうな。穴のサイズは16mm。中央がストッパー上に30mmまで広げたいそうです。うーん、16...

≫続きを読む

DIYアルマイト処理にチャレンジしてみようぜっ

今回はアルマイト処理にチャレンジです。アルマイト・・・自作パーツを作るものであれば、憧れますよね。削り出しのアルミ・ジュラルミンパーツのシルバーの輝きもなかなかのものですが、ブルーやレッドに輝くアルマイト加工済パーツはまだ格別の趣。あんなパーツ、あなたでもできちゃうんです。しかも特別なノウハウや技術...

≫続きを読む

SR400にXL250Sの足を組むステムシャフトを作ってみようぜっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。初めましていつも楽しく記事を見させてもらってる者です。 APE100のステムシャフトの記事のように他車種のフロントを移植するためのステムシャフトの制作をお願いしたいのですが大丈夫でしょうか?車種はSR400にXL250Sの移植ですがおおよその金額も教えていただけ...

≫続きを読む

パーツを量産してみようぜっ!

レース関連のお友達からのご依頼です。エンジン回りの某パーツ、取り外したあとのふたを作ってほしいとのリクエスト。はい、お安いご用ですよ。あれ、5個必要なのですね。了解、今回は5つ一気に量産しちゃいましょう!お預かりしたガスケットを計測し、主要部分(ボルト穴、ガスケット外径)の図面を起こしちゃいます。そ...

≫続きを読む

ちょっとした便利小物を作ってみようぜっ!

スクロールチャック。ミニ旋盤を使おう ①材料の固定でご説明した通り、本来は材料を旋盤で回すために使用する固定器具?です。が、意外と便利な別の利用方法があります。筆者の愛用している旋盤は寿貿易さんのFL350Eですから、そのスクロールチャックのサイズは標準で80mm、最大でも100mmです。ですが、筆...

≫続きを読む

ホイールを換装してみようぜっ!

はじめまして。アクスルシャフトの加工をお願い致します。加工内容は必要の長さにカットしていただき、端部ネジ加工です。加工用アクスルシャフトは新品2本用意してあります。簡単ですが画図を書きましたので、御連絡頂いたのち画像と詳細を送ります。それでは御連絡お待ちしております。サイトの下の方にある、「ご質問、...

≫続きを読む

油圧プレスでパーツを修正してみようぜっ!

あまり自宅においてるよ、という方を見かけない油圧プレス。その理由は大きくて邪魔重い高いでしょうか。ところが誤解なんです。「大きくて邪魔」と「重い」について、これについては旋盤とフライスを自宅に入れといていまさら何言ってるの!で論破(笑。私の狭い工作室にも押しこめる、ということでこんな汚い(失礼)画像...

≫続きを読む

バックステップ補修用パーツを作ってみようぜっ!

見てくれのバックステップではなく、あくまでもサーキット走行を前提としたバックステップ。一部のメーカーは、そんな無骨なパーツを作り続けてくれています。そういったメーカーのパーツはたとえ転倒しても粘る材質で作られているためにそうそう破損するものではありません、大抵はくにゃっと曲がる程度で済み、油圧プレス...

≫続きを読む

モックアップを使って現物合わせ!削り出しパーツをお届けっ!

メールフォームからご依頼を頂きました。はじめまして、ホームページを拝見させて頂きメールさせて頂きました。BMW K100用にバックステップベースプレートを制作頂きたいのですが、依頼を受けて頂けるでしょうか?特に急いではおりませんので、そちらの都合のよい時で制作時期はお任せいたします。もし依頼をお受け...

≫続きを読む

アルマイト処理でクオリティの高いパーツを作ってみようぜっ!

mixiのメッセージ経由でご依頼を頂きました。Kowさん 製作見積もりお願いできますか。円柱でリアサスのアッパーカラーになります。数量2です。宜しくお願いいたします。図面を頂くとイメージが湧いてありがたいです。このあと一部寸法修正が入りましたが形状決定!こちらもご覧くださいませ。DIYアルマイト処理...

≫続きを読む

ブ厚い塊からパーツを削り出すにはどうしたらいい?

本サイト下部のメールフォーム経由でご依頼を頂きました。そして今は、掲示板の常連さんです(笑今回のご依頼はとあるキャリパーサポートです。寸法概要を鍋CAD8で作図してお送り頂きました(ありがとうございます)。むむむ・・・大きいですねえ。厚みは28mmの指定です。ちと、問題が2つばかりございます。28m...

≫続きを読む

純正流用には加工が必須!グラインダーで削っちゃダメよのカラー加工

今回も本サイト下部のメールフォーム経由でご依頼を頂きました。当方、バイクのカラー等の「加工」を行ってくれるところを探しており、こちらのサイトを見つけた次第です。ご回答頂けると助かります。私の要望は、バイク部品の「加工」なのですが、1. 既存のカラー(純正品アクスルシャフトカラー。ツバがある形状の物)...

≫続きを読む

サイズギリギリ!分割加工で対処するXV1600の特大グリル

以前、ホイール周りのカスタムをお手伝いさせて頂いたXV1600のオーナー様よりメールを頂きました。こんばんは。本日、グリル延長分とリアマスターシリンダー変更用ブラケットの絵図が完成致しました。グリルの絵図は何じゃこりゃ!と思われると思いますので、グリルと絵図を本日宅急便にて発送致しました。グリルを見...

≫続きを読む

凄い突っ切りバイトを手に入れた!ディスタンスカラーを軽量化しよう。

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。ホイールのコンバートをしたいのですが、ディスタンスカラーをアルミにて作成していただける所を探していてここにたどり着きました。前後R1Zのホイールを流用予定しておりましてアクスルシャフト径が15mmから17mmに変更致しますので(フロント...

≫続きを読む

苦戦しました・・・。CB350exportのスペシャルタペットキャップを自作る!

自作野郎サイトをご覧頂きました方から、お問い合わせを頂きました。はじめまして。アルミでタペットカバーを作って頂きたいのですが、可能でしょうか?この形状です。ご検討よろしくお願い申し上げます。CB350にかなりのこだわりを持たれている方からのご依頼。旧CB系のタペットキャップは750も含めて互換性があ...

≫続きを読む

フライスでシャフトを切る(旋盤が小さいんですもの)

行きつけのバイクショップの社長からのご依頼です。いわゆる「スペシャルパーツ系」フロントフォークの、アクスルシャフト。かなり肉薄のおそらくクロモリ製のシャフト、スペシャルフォークでよくありがちな構成で、左右ともオネジが切ってあり、それぞれジュラルミンのカラーがねじ込まれます。こいつの全長を左右で2.5...

≫続きを読む

分厚いアルミはワイヤーカット!外注さんを使って自作野郎ぜっ!

今日もメールでのご依頼を頂きました。作成するものはフロントフォークに組み付けるカラーのようなもの。C型の2つのパーツをボルトで締結するもので、構造としては、また形状としてもシンプルなものです。一見問題はないようですが・・・問題あるです。それは厚み。今回のご依頼は25㎜。以前経験がある厚みではあります...

≫続きを読む

て、手強い・・・畑違いにはノウハウがいるのですのコーヒーミル。

お問い合わせメールにて、ご依頼を頂きました。コーヒーミルのパーツだそうです。図面を引かれたということで、さっそくそれら図面を頂きました。ふむふむ・・・基本的には8㎜前後の丸棒の加工、それほど難易度は高くないかな?と思ったのですが・・・当初ご依頼はステンレスであったのですが、加工容易性を考えてアルミ合...

≫続きを読む

テイストオブ筑波に参戦するには必須アイテム!のサスペンションリンク

知人からの依頼品です。テイストオブ筑波、というレースがあります。まだバイクのフレームが鉄だった頃、1980年から90年のマシンを使ってレースをするという豪快なイベントです。いわば「若かりし頃のあこがれのマシンでレースを・・・」というイベントですね。とはいえクラシックレースとはまた一線を画しており、そ...

≫続きを読む

テイストオブ筑波に参戦するには必須アイテム!のセパハン加工

旧車をレース専用車に組み替える場合、ハンドル回りを含めたポジションの変更も重要です。意外と思われるかもしれませんが、サーキットをバイクで走るときは常に胸、腹がタンクに張り付いている状態(決して腹が出ているから、ではない・・・)くらいまで、伏せます。これはストレートだけではなくコーナリングも一緒。ステ...

≫続きを読む

【逸品】ご存知ですか?悪夢の脱調を回避する、驚異のグリスがあったんです


がっちりマンデー!、なんてテレビ番組はどーでもいいんですがそこで紹介されて一部で話題となった、スズキ機工のLSベルハンマー。

驚異的な性能を持つ「極圧潤滑剤」として紹介されていました。

極圧潤滑剤。

金属の二面の間の摩擦、摩耗の減少、焼付の防止のために潤滑油に加えられる添加剤。極圧という言葉が示す通り、摩擦面の接触圧力が高く油膜の破断が起こりやすい状態でも、潤滑状態を維持します。

で・・・あれ、これひょっとしてアリ溝に使えるんじゃない?そう、使えたんです!

グリスタイプはコチラ。


スプレータイプはコチラ。


ぜひ、試してみてください・・・驚きますよ。

金属表面を変質させるタイプの潤滑材です。使用は自己判断で。

最新記事

始める前の初歩の初歩

CNCにチャレンジ

工具・ツール類の自作

バイクパーツの自作

ご依頼品の製作

その他いろいろ


PAGE TOP